中小企業診断士クラゲの経営学・マーケティングラボ

中小企業診断士の資格や新規事業の経験を持つクラゲが、経営学やマーケティングをゆる〜く分かりやすく伝えるブログです。

経営戦略

3C分析とは?事例や目的、SWOT分析との違いも解説!

3C分析とは、「Customer(顧客・市場)」「Competitor(競合他社)」「Company(自社)」という3つの要素から、事業の成功に必要な戦略を見出そうとするフレームワークです。この記事では、3C分析の意味や目的などを分かりやすくお伝えします。

フランチャイズのデメリットとメリット〜本部・加盟店の各視点から解説!〜

フランチャイズは、本部と加盟店の双方がメリットを得られる魅力的なビジネスモデルです。しかし一方で、フランチャイズにはいくつか手痛いデメリットもあります。この記事では、フランチャイズのメリットとデメリットを本部と加盟店の双方の視点からご紹介…

イノベーションとは?意味や種類、事例などについて解説!

イノベーションとは、創造的なアイデアを実行し、その企業自身や世の中に新しい価値や利益をもたらす変革を意味します。この記事では、イノベーションの意味や事例、種類などについてご紹介します。

参入障壁とは?参入障壁の具体例や作り方を解説!

参入障壁とは、新しくビジネスを始める際に妨げとなる要因です。参入障壁の高さによって、新規事業が上手くいく可能性や、既存事業の優位性をどの程度維持しやすいかを見積もることができます。この記事では、参入障壁の具体例や作り方をお伝えします。

経営資源とは?〜中小企業が活用すべき7つの経営資源〜

経営資源とは、会社を維持・成長させる上で不可欠な要素であり、ヒトやカネなどが該当します。この記事では、経営資源の意味や具体的な種類、活用方法などをわかりやすくお伝えします。

PEST分析とは?PEST分析の意味とやり方をわかりやすく解説!

PEST分析とは、「Politics(政治)」「Economy(経済)」「Society(社会)」「Technology(技術)」の計4つの観点から、外部のマクロ環境を分析するフレームワークです。この記事では、PEST分析の使い方やその事例をわかりやすくお伝えします。

差別化戦略とは?差別化のメリットや方法を解説!

差別化戦略とは、商品や商品販売に付随するサービスなどの面で、競争優位性の確立を目指す戦略です。この記事では、差別化戦略の意味やメリット、具体的な方法などについてわかりやすく解説します。

多角化とは?多角化戦略の意味や事例をご紹介!

多角化とは、これまでとは異なる市場や製品により事業を展開する手法です。この記事では、多角化の意味や種類、成功させるポイント、そして多角化経営を実際に行なっている企業の事例をご紹介します。

アンゾフのマトリクスとは?〜成長戦略を描くフレームワーク〜

アンゾフのマトリクスとは、「製品」と「市場」の二軸から成長戦略を考えるフレームワークです。この記事では、アンゾフのマトリクスの使い方や使用例をわかりやすくお伝えします。

経営戦略の策定プロセスとポイント【経営者必見!】

経営戦略の策定とは、「全社戦略」と「事業戦略」そして「機能戦略」の3つを決めることです。この記事では、経営戦略の策定プロセスやポイントをわかりやすくお伝えします。

M&Aのデメリット〜買収・売却の際に知っておきたい落とし穴〜

M&Aのデメリットには、減損リスクをはじめとして様々なものがあります。この記事では、M&Aのデメリットについて、特に重要なものを厳選してご紹介します。

M&Aのメリット〜売り手・買い手双方のメリットを分かりやすく解説!〜

M&Aには、事業承継の問題を解決できるメリットやスピーディーに経営戦略を実行できるメリットなどがあります。この記事では、売り手と買い手双方の観点からM&Aのメリットをお伝えします。

シナジー効果とは?M&Aとの関係やシナジー効果の成功事例をご紹介!

シナジー効果とは、複数の要素が一つに合わさることで、それぞれ単体が合わさる場合よりも大きな効果を生み出す現象です。この記事では、シナジー効果の意味やM&Aとの関連性などを解説します。

アウトソーシングのメリットとデメリットとは?

近年注目されているアウトソーシングについて、メリットとデメリットを分かりやすくご紹介します!

事業ドメインとは?上手に設定するポイントや企業ドメインとの関係も解説!

事業ドメインとは、事業を行う領域(つまりどのような事業を行うのか)を意味します。この記事では、事業ドメインの設定方法や上手く設定するポイントなどについてお伝えします。

新規事業立ち上げのプロセス・フレームワークを自らの経験も交えて解説

新規事業を立ち上げるに際しては、そのプロセスとフレームワークの活用がとても大事となります。この記事では、新規事業立ち上げのプロセスやフレームワークなどについて、自分の経験も交えつつお伝えします。

経営戦略とマーケティングの違いを簡単に説明してみる

経営とマーケティングは混同されがちですが、経営とマーケティングでは果たす役割や行う目的が異なります。この記事では、経営とマーケティングの違いについて、わかりやすくお伝えします。

バリューチェーン分析とは?〜会社の強みはどの部門にある?〜

バリューチェーン分析とは、事業を一つ一つの機能(活動)に分けた上で、自社の強みや弱みを分析するフレームワークです。この記事では、バリューチェーン分析の使い方やできることなどをわかりやすくお伝えします。

経営戦略の策定に役立つフレームワーク7選!

経営戦略を作成する際には、優秀な専門家が提唱しているフレームワークを使うことで、より優れた経営戦略を考えやすいです。この記事では、経営戦略の策定に役立つフレームワークを7つ厳選してご紹介します。

競争優位性を築くには?緻密な「戦略」と競争優位性の源泉となる「経営資源」が重要!

競争優位性とは、競合他社と比べて優れている自社の強みとなる能力です。この記事では、競争優位性を築くための戦略や、競争優位性を築く源泉となる「経営資源」の重要性について解説します。

SWOT分析の事例2選〜アパレル・飲食の大手企業を勝手に分析してみた〜

SWOT分析のやり方をより深く理解するには、実際にSWOT分析の事例を見てみるのが効果的です。この記事では、アパレルと飲食業界の大手各社をSWOT分析で分析した例を2つご紹介します。

共同経営で自分が経験したトラブル〜契約書を結ばないとこうなる〜

共同経営は一見するとメリットの大きな方法に見えますが、実は様々なトラブルが生じる可能性があります。共同経営で大きなトラブルに巻き込まれると、頑張ったのに利益を貰えなかったとか、期待していた働きをして貰えなかったなどの事態に陥ります。今回の…

ニッチャーとは?〜中小企業にオススメの経営戦略〜

ニッチャーとは、大手企業が参入していないニッチ市場で事業を展開する企業です。ニッチャー戦略をとることで、経営資源が乏しくても十分な収益を得られる可能性があります。この記事では、ニッチャーの意味やニッチャー戦略を成功させるポイントを考えてみ…

ファイブフォース分析とは?やり方や行う目的を解説

ファイブフォース分析とは、ある業界の魅力度を分析する手法であり、「売り手の交渉力」や「既存業者との敵対関係」などの要素から分析を進めます。この記事では、ファイブフォース分析の意味や目的に加えて、具体的なやり方をわかりやすくご紹介します。

3C分析のやり方を分かりやすく解説!3C分析に役立つフレームワークも紹介します

3C分析は、経営戦略やマーケティング施策を考える際など、様々な場面で活用されています。 全社的な経営戦略のみならず、マーケティングの現場レベルでも活用できるフレームワークなので、実際に使用してみたいと考えている方もいると思います。 そもそも3C…

コアコンピタンスって何?具体例を交えつつ分かりやすく解説してみる

コアコンピタンスとは、他社よりも圧倒的に優れている能力を意味します。競争優位性の源泉ともなるコアコンピタンスを持つことで、経営上様々なメリットを得られます。この記事では、コアコンピタンスの意味やメリット、具体例を分かりやすく解説します。

PPM分析とは?PPM分析の使い方をわかりやすく解説!

PPM分析とは、市場の成長率と自社の市場シェアから事業別に取るべき戦略を考えるためのフレームワークです。PPM分析を用いることで、事業ごとに最適な資源配分を行えます。この記事では、PPM分析の使い方を分かりやすくお伝えします。

VRIO分析とは?VRIO分析の使い方とメリットを解説!

VRIO分析とは、「Value(価値)」「Rarity(希少性)」「Imitability(模倣困難性)」「Organization(組織)」の計4つの観点から、経営資源の持つ競争優位性を分析する手法です。この記事では、VRIO分析の使い方などをご紹介します。

中小企業のM&Aについて私見を述べてみる〜メリットや案件を探す方法など〜

中小企業の間では、近年M&Aが増加しています。その背景には、事業承継問題やエグジットなど、様々な理由があります。この記事では、中小企業のM&Aについて、メリットや案件を探す方法に関する私見をお伝えします。

SWOT分析とは?SWOT分析のやり方をわかりやすく解説してみる

SWOT分析とは、「強み」「弱み」「機会」「脅威」という4つの観点から、経営戦略を策定する方法です。今回は、SWOTのメリットやSWOT分析を用いて経営戦略を立てるやり方を考えてみようと思います。