MONTH

2019年4月

  • 2020年6月16日
  • 0件

SWOT分析の事例2選〜アパレル・飲食の大手企業を勝手に分析してみた〜

SWOT分析は、自社の経営戦略を策定する上でとても有用なフレームワークです。 しかしSWOTが表す意味ややり方を知ったところで、いざ分析しようとなると中々簡単にはいかないと思います。 「強みや弱みは例えばどんなものを設定するのか?」とか「強みを活かして機会を掴むって例えばどんな戦略?」などの疑問が出 […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

経営分析の指標〜特に重要なものを一覧でご紹介!〜

経営分析とは、財務諸表に記載された情報を基に、収益性や安全性などの度合いを分析することを意味します。 自社の現在置かれている状態を捉えて、いち早く経営で生じ得るリスクや弱みを回避・克服できる上で、経営分析は非常に有用です。 今回の記事では、いくつかある経営分析の指標から、特に有用だと自分が思うものを […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

OJTとOffJT〜それぞれの違いやメリット・デメリットを考察してみる〜

会社にとって、従業員をどのように育てていくかはとても重要なプロセスです。 自社に利益をもたらす仕事を覚えてもらい、いち早く戦力となってもらうのが非常に重要なのは言うまでもありません。 一方で従業員の立場から見ても、いち早く仕事ができるようになれば、より多くの給与を得たり昇進のチャンスに恵まれる可能性 […]

  • 2020年4月10日
  • 0件

マーケティングリサーチとは?手順や勉強に役立つ本をご紹介!

新規事業のアイデアを考えるにしろ、既存の商品やサービスの改善策を考えるにしろ、まずは消費者がどんなニーズを抱えているかを知るのが大切です。 では消費者の考えは、一体どのように知れば良いのでしょうか? 消費者の考えやニーズを知るには、「マーケティングリサーチ」というものを行う必要があります。 マーケテ […]

  • 2020年2月21日
  • 0件

【中小企業診断士】財務会計で合格点を取る勉強法〜オススメの参考書もご紹介!〜

中小企業診断士の1次試験科目の中でも、多くの受験生が苦手としているのが「財務会計」です。 財務会計の点数が足を引っ張ったが故に、1次試験に合格できなかったという方は毎年一定数出てしまいます。 そんな多くの受験生が苦手とする財務会計ですが、正しい勉強法を取り入れれば、50時間〜100時間くらいの勉強で […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

共同経営で自分が経験したトラブル〜契約書を結ばないとこうなる〜

「共同経営 トラブル」→140 「共同経営 トラブル 弁護士」→30 突然ですが、上のキーワードと数字は何を表していると思いますか? これは「Ubersuggest」というツールで調べた、左側のキーワードに関する一ヶ月間あたりの検索ボリュームです。 要するに、「共同経営 トラブル」と調べられた回数が […]

  • 2020年4月13日
  • 0件

ターゲットマーケティングとは〜商品やサービスを誰にどうやって販売すべきか〜

商品やサービスを新しく販売する際、その商品やサービスを誰にどうやって販売すべきかは重点的に考えなくてはいけません。 消費者のニーズが多様化している昨今、ただ自社の売りたいものを手当たり次第に売っていては、会社経営を継続できるだけの利益は得られません。 商品・サービスを誰にどうやって販売するかを考える […]

  • 2020年3月21日
  • 0件

ニッチャーとは?〜中小企業にオススメの経営戦略〜

突然ですが会社経営を成功させるには、何が必要だと思いますか? 人それぞれ思い浮かべる答えは違うと思います。たとえば優秀な人材と答える方もいれば、資金力や事業内容と答える方もいるでしょう。 自分的にはあらゆるものが成功させる上では大切で、特定の答えがあるとは思っていません。 しかし確実に言えるのは、経 […]

  • 2019年12月19日
  • 0件

売れる売り場作りの方法7選!〜中小企業診断士の観点で売り場作りを考えてみた〜

小売業の方にとって、お店の売上を1円でも上げるのは最優先の課題だと思います。 SNSや広告を運用したり、オリジナルの商品を開発・提供したりと、売上を伸ばす方法は様々あります。 ですがどの方法も費用や時間がかかるため、中々実行しようとは思いにくいものです。 一方で比較的低コストかつ短時間で売上を伸ばせ […]

  • 2020年4月22日
  • 0件

マルチブランドとは?〜難しいけど成功すればメリットの大きい戦略〜

商品やサービスを販売する上で重要となるのがブランド戦略。 顧客に支持されるブランドを確立すれば、価格競争に巻き込まれることなく、長期的に多くの利益を得続けるのが可能になります。 一般的には限りある経営資源を集中投入し、一つのブランドを徹底的に育て上げるのがセオリーと思われがちです。 しかし世の中には […]