中小企業診断士クラゲの経営学・マーケティングラボ

中小企業診断士の資格や新規事業の経験を持つクラゲが、経営学やマーケティングをゆるく分かりやすく伝えます。

3C分析とは?事例や目的、SWOT分析との違いも解説!

3C分析とは

経営学やマーケティングで有名なフレームワークといったら、何を思い浮かべるでしょうか?

おそらくですが、SWOT分析やファイブフォース分析、3C分析などを思い浮かべる方が大半だと思います。

今回の記事では、その中から3C分析を取り上げてみようと思います。

単純に3C分析の意味をお伝えするだけでなく、3C分析がどのような場面で役に立つのかも分かりやすくお伝えします。

なお実際に3C分析をどのように活用するのかを知りたい方は、最後の方にある「高級旅館を事例にして3C分析を簡単にやってみる」まで読み進めてください!

3C分析とは?

3C分析とは、「Customer(顧客・市場)」「Competitor(競合他社)」「Company(自社)」という3つのCを分析するフレームワークです。

「スリーシー分析」もしくは「さんシー分析」という読み方が用いられています。

顧客・市場の項目に関しては、市場の成長性や顧客の価値観・ニーズを分析します。

競合他社の項目に関しては、競合企業の市場シェアやポジション、保有する経営資源などを分析します。

そして自社の項目については、自社の強み・弱みや保有する経営・マーケティングの戦略を分析します。

3C分析を活用して自社内部と外部の環境を網羅的に分析することで、事業を成功させるために行うべき経営戦略やマーケティング施策を発見できます。

なお3C分析は、正しいやり方かつ正しい順番で進める必要があります。

3C分析のやり方について詳しく知りたい方は、下記の記事をご参照ください。 

www.bizkurage.com

3C分析の目的とは〜どんな場面で役に立つの?〜

先ほどお伝えした通り3C分析は、事業を成功させるために行うべき経営戦略やマーケティング施策を見つける際に役立ちます。

ですがこの説明では抽象的でいまいち分かりにくいと思うので、もう少し3C分析の目的を詳しくご説明します。

事業を成功させるには、「お客さんのニーズに合う商品・サービスを提供し、かつ競合企業を上回るだけの魅力」が自社の事業になくてはいけません。

ですがただ闇雲に、顧客の持つニーズや競合企業の強みや、その強みを上回るだけの魅力を自社が持っているのかを考えても、答えを出すのは難しいでしょう。

顧客のニーズを知るにしても、競合企業の持つ強み(魅力)を知るにしても、自社が競合企業と比べて上回っている魅力を知るにしても、まずは「現状どうなのか?」を分析しないと分かりません。

3C分析を活用する目的は、この現状を把握して改善策を見いだすことに尽きます。

事業の成功に欠かせない3つのCを詳細に分析すれば、現状何が足りていない要素や逆に優れている部分を明確にできます。

つまり3C分析の目的とは、事業の成功要因を見い出すことであると言えるのです。

3C分析とSWOT分析の違いとは

3C分析と同じくらい有名なフレームワークに「SWOT分析」というものがあります。

3C分析とSWOT分析には、一体どのような違いがあるのでしょうか?

3C分析とSWOT分析の目的に大きな違いはない

結論を先に言いますが、3C分析とSWOT分析の目的に大きな違いはありません。

共に事業を成功させるために、どのような経営戦略やマーケティング施策が必要となるのかを考える際に役立つフレームワークです。

3C分析は外部環境、SWOT分析は自社中心としたフレームワーク

目的には違いがないものの、3C分析とSWOT分析では分析する際の着眼点に違いがあります。

今回のメインテーマである3C分析では、競合他社や顧客・市場の特徴や現状を踏まえた上で、自社に不足している要素を見極めたり、取るべき戦略や施策を見出します。

つまり3C分析とは、外部環境に応じて自社の取るべき具体的な行動を考えるフレームワークであり、どちらかというとマーケティング目線(商品やサービスをどうやって販売すべきか)であると言えます。

一方でSWOT分析では、自社の強みと弱み、外部のチャンス(機会)と脅威を一旦整理した上で、どのような方向性で事業を進めるべきかを考えます。

SWOT分析では、自社の強みや弱みに応じて、外部環境への対応の方向性を考えていきます。

この点からSWOT分析とは、自社を中心に据えて戦略を考えるフレームワークであり、3C分析よりも大局的に経営戦略を策定する際に役立つと言えます。

SWOT分析と3Cには上記のような違いがありますが、どちらも優れたフレームワークであり、優劣はありません。

事業(経営)の戦略・施策を考える際には、3C分析とSWOT分析を併用するとより精度の高い示唆を得られるかと思います。

www.bizkurage.com

高級旅館を事例にして3C分析を簡単にやってみる

3C分析の理解を深めてもらうために、京都にある高級旅館を事例に3C分析を簡単にしてみようと思います。

なお今回は分かりやすくするために、簡略化した分析結果をお伝えします。

実際の実務ではさらに詳しく分析するので、その点についてはご留意ください。

Customer(顧客・市場)

京都にある高級旅館の場合、観光・宿泊業界を分析するのが一般的でしょう。

実際に読者の方が3C分析を活用する際にも、自身の会社が関連する業界の動向を分析するのが無難だと思います。

京都の観光・宿泊業界の現状を簡単にまとめると、下記のような事実が分かります。

  • 観光客の消費額が過去最高を更新
  • 外国人の間での人気度や知名度が高まっている
  • 外国人は日本の和の雰囲気を味わう目的で京都に来る(と仮定)

分析結果から、主に外国人観光客の増加を理由として、京都の観光・宿泊業界は活気にあふれていることが分かります。

また実際に外国人観光客にアンケートをすれば、日本の和の雰囲気を味わう目的で京都を訪れていることなどが分かるでしょう。

ただし推測が当たっていない可能性もあるので、実務で3C分析を活用する際は、顧客の意見を実際に聞くことをオススメします。

参考:https://www.pref.kyoto.jp/kanko/news/2017/7/documents/kankoirikomikyaku.html

Competitor(競合他社)

競合他社の分析については、「直接競合」のみならず「間接競合」も分析するのが重要です。

京都の高級旅館を例にした場合、直接競合は他の旅館やホテルが考えられます。

一方で間接競合は、寝泊まりできる場所として漫画喫茶などが考えられるでしょう。

競合他社については、直接競合と間接競合のそれぞれについて、業界でのポジションや市場シェアを分析します。

例えば今回の事例だと、昨年12月にオープンしたラグジュアリーホテル「モガナ」の市場シェアやサービスの特徴などを分析すると良いでしょう。

参考:https://www.fashion-press.net/news/45296

Company(自社)

最後に自社の分析を行います。

自社の持つ経営資源の強み・弱みや戦略のポジショニングなどを分析します。

そして自社の分析結果を競合他社や顧客・市場の分析結果と見比べて、取るべき戦略を決定します。

たとえば高級感を強みにしている旅館の場合、先ほど紹介したホテル(モガナ)の高級感と比べると見劣っているとしましょう。

この場合まともに戦っては勝てないと判断し、ターゲットを変えたり、別の強みを重視するなどの戦略が考えられます。

競合他社の状況や顧客のニーズを踏まえて、自社にとって最適な戦略を考えるのがポイントです。

3C分析のまとめ

顧客のニーズや競合他社の動向を踏まえて、経営やマーケティングの戦略を構築できるフレームワークとして、3C分析は優れたフレームワークです。

新規事業や起業を今後予定している方は、ぜひ一度3C分析を活用してみてはいかがでしょうか?

3C分析を活用すれば、事業の成功に必要な要素のヒントを得られるかもしれません。