CATEGORY

ファイナンス・会計

  • 2020年1月2日
  • 0件

貢献利益とは?計算方法などを徹底解説!

貢献利益は、複数の事業部それぞれの利益を確認する上で役に立ちます。 この記事では、貢献利益の意味や計算式、限界利益との違いなどをくわしく解説します。 貢献利益とは 共通固定費と個別固定費 まずは、貢献利益を理解する上で必要な「共通固定費」と「個別固定費」についておさらいしましょう。 固定費は「共通固 […]

  • 2020年1月6日
  • 0件

減価償却の方法〜定額法や定率法の使用場面や計算をわかりやすく解説!〜

ご自身でビジネスを実施する上で、必ず必要となるのが日々の会計処理や確定申告です。 会計処理や確定申告を正確に実施するには、会計や簿記の処理が必要となります。 その中でも減価償却は、ほとんどのビジネスで生じる会計処理であり、簿記や会計の知識がないと実施するのは難しいです。 今回の記事では、そんな減価償 […]

  • 2020年1月6日
  • 0件

少人数私募債のメリットとデメリット【徹底解説】

資金調達の手法と聞くと、おおくの方は銀行などからの融資やベンチャーキャピタルからの出資を思い浮かべるでしょう。 しかし資金調達の手法には、皆さんが知らないようなマイナーなものも少なくありません。 今回は、そんなマイナーな資金調達手法の一つ「少人数私募債」にスポットを当てようと思います。 「少人数私募 […]

  • 2019年12月21日
  • 0件

負債比率とは?計算式や目安、レバレッジの効果についても解説!

会社の財務的な安全性を測る際には、流動比率や固定比率など、さまざまな指標が用いられています。 今回はその中でも、「負債比率」と呼ばれる指標にスポットを当ててみようと思います。 負債比率の意味や計算式、目安を知りたい方は必見です! 負債比率とは? まず最初に、負債比率の意味や目的、類似する指標である有 […]

  • 2019年12月21日
  • 0件

流動比率・当座比率とは?各指標の目的や違いをわかりやすく解説!

自己資本利益率や負債比率といった経営分析の指標は、企業の経営状況を定量的に分析する上で非常に役立ちます。 数ある指標の中でも、短期的な安全性を図る際には「流動比率」や「当座比率」と呼ばれる指標を利用する必要があります。 今回の記事では、短期的な安全性を図る指標である流動比率と当座比率について、違いを […]

  • 2019年12月21日
  • 0件

回収期間法とは?カンタンに投資可否を判断できる便利な方法!

「新しい設備を購入すべきか?」 「新規事業を始めるべきか?」 ビジネスで成功するには、上記のような場面で正しい意思決定を行わなくてはいけません。意思決定に失敗すると、莫大な損失を被ったり時間を無駄にしてしまいます。 今回はこうしたビジネス上の意思決定に役立つ「回収期間法」について、計算方法やメリット […]

  • 2020年3月17日
  • 0件

ポートフォリオ効果とは?相関係数との関係もわかりやすく解説!

今回の記事では、投資において重要な概念である「ポートフォリオ効果」の意味や相関係数との関係などをわかりやすく解説します。 ポートフォリオ効果を知っておけば、リスクを抑えた上で投資で利益を得られる可能性があります。 またポートフォリオ効果の概念は、自身で会社を経営する際にも役に立つことでしょう。 投資 […]

  • 2020年4月5日
  • 0件

期待収益率(リターン)とは?計算方法やリスクとの関係を解説!

突然ですが皆さんは、株式や不動産への投資をやっていますか? どの資産に投資するかを判断するとき、単純な好き嫌いや経営戦略、市場の成長性など、様々な評価基準があります。 この記事では、投資の評価基準の一種「期待収益率」にフォーカスします。 期待収益率とは 期待収益率の意味 投資により予想される収益の比 […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

正味現在価値法(NPV法)とは?事業投資の意思決定に役立てよう!

企業にとって、新規事業の立ち上げや新しく機械設備を購入する行為は大きな投資です。 「投資を行うべきか行わないべきか」とか「複数の投資案のうちどれが最も優れているか」を決定するのはとても難しいです。 そんな難しい投資の意思決定に役立つ手法に、「正味現在価値法(NPV法)」と呼ばれるものがあります。 今 […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

DCF法による企業価値の計算方法をわかりやすく解説!

M&Aや株式投資などの場面で重要な概念となるのが「企業価値」です。 企業価値を算出すれば、「その会社をいくらで売買すべきか」とか「株価はいくらくらいが妥当なのか」などの判断材料にすることが可能です。 企業価値の計算方法には様々ありますが、今回はその中でも特に信頼性が高いと言われる「DCF法」 […]