CATEGORY

ファイナンス・会計

  • 2020年6月16日
  • 0件

期待収益率(リターン)とは?計算方法やリスクとの関係を解説!

突然ですが皆さんは、株式や不動産への投資をやっていますか? どの資産に投資するかを判断するとき、単純な好き嫌いや経営戦略、市場の成長性など、様々な評価基準があります。 この記事では、投資の評価基準の一種「期待収益率」にフォーカスします。 期待収益率とは 期待収益率の意味 投資により予想される収益の比 […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

正味現在価値法(NPV法)とは?事業投資の意思決定に役立てよう!

企業にとって、新規事業の立ち上げや新しく機械設備を購入する行為は大きな投資です。 「投資を行うべきか行わないべきか」とか「複数の投資案のうちどれが最も優れているか」を決定するのはとても難しいです。 そんな難しい投資の意思決定に役立つ手法に、「正味現在価値法(NPV法)」と呼ばれるものがあります。 今 […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

DCF法による企業価値の計算方法をわかりやすく解説!

M&Aや株式投資などの場面で重要な概念となるのが「企業価値」です。 企業価値を算出すれば、「その会社をいくらで売買すべきか」とか「株価はいくらくらいが妥当なのか」などの判断材料にすることが可能です。 企業価値の計算方法には様々ありますが、今回はその中でも特に信頼性が高いと言われる「DCF法」 […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

投資と融資の違いとは?お金を受け取る側と出す側の双方から解説!

「投資」と「融資」はよく混同されがちですが、実は両者は全く異なる資金調達の手段です。 新規事業を立ち上げたり起業した方は、事業に必要な資金を調達する必要があります。 その際基本的には「投資」か「融資」のいずれかを選ぶことになるのですが、あまり二つの違いを分からずに資金調達に臨む方が意外と多いなと思い […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

損益分岐点比率・安全余裕率とは【CVP分析をわかりやすく解説シリーズ:第4回】

全4回にわたってお伝えしてきた「CVP分析をわかりやすく解説シリーズ」もいよいよ最後となりました。 最終回となる今回は、損益分岐点比率と安全余裕率の意味や計算方法(求め方)などについて解説します。 損益分岐点比率や安全余裕率を活用すれば、自分の会社(事業)が売上高の減少に対してどの程度の耐性を持って […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

損益分岐点・損益分岐点売上高とは【CVP分析をわかりやすく解説シリーズ:第3回】

全4回にわたって「CVP分析をわかりやすく解説シリーズ」の記事を書いていますが、第3回となる今回は、いよいよCVP分析のメインテーマである「損益分岐点」について解説します。 損益分岐点を理解できれば、「◯円の利益を得る場合には、どのくらいの売上高があれば良いか」といったことを求められるようになります […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

限界利益とは【CVP分析をわかりやすく解説シリーズ:第2回】

全4回にわたって「CVP分析をわかりやすく解説シリーズ」の記事を書いていますが、第2回となる今回は、「限界利益」について解説します。 損益分岐点分析(CVP分析)を行う上で、とても重要な概念となるのが「限界利益」です。 営業利益や粗利益は聞いたことがあっても、限界利益については知らない方は意外と多い […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

変動費と固定費【CVP分析をわかりやすく解説シリーズ:第1回】

損益分岐点分析(CVP分析)は、会社の経営にとって大いに役立つ手法です。 例えば目標利益を達成する計画を立てたり、現状の収益構造の問題点の把握など、損益分岐点分析は様々な場面で応用できます。 そんな有用な損益分岐点分析をいざ勉強してみると、難解な用語や概念が数多く出てくるため、中々理解しにくいと思い […]

  • 2019年12月20日
  • 0件

経営分析の指標〜特に重要なものを一覧でご紹介!〜

経営分析とは、財務諸表に記載された情報を基に、収益性や安全性などの度合いを分析することを意味します。 自社の現在置かれている状態を捉えて、いち早く経営で生じ得るリスクや弱みを回避・克服できる上で、経営分析は非常に有用です。 今回の記事では、いくつかある経営分析の指標から、特に有用だと自分が思うものを […]

  • 2019年12月19日
  • 0件

経営分析のやり方〜初心者向けに5つのステップで解説!〜

「会社の経営状態を分析してください」と言われたら、皆さんはどうしますか? 単純に「黒字or赤字」とか「資産や負債が○億円ある」といった感じで見るのも良いですが、「経営分析」を行うとより的確にその会社の現状を把握することができます! 簡単な経営分析ができるようになれば、自分自身が経営している会社の状態 […]