CATEGORY

経営戦略

  • 2020年1月6日
  • 0件

【M&Aの主要3種類を徹底解説】M&A手法別の目的やメリットを比較しよう!

M&Aを実施する際には、何種類もある手法の中から選ぶ必要があります。 各種類ごとに、最適な使用場面やメリット・デメリット、実施方法などは大きく異なります。 M&Aを成功させるには、各種類の差異を知った上で、最適な手法を選べるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。 この記 […]

  • 2020年2月18日
  • 0件

フォロワー戦略とは?模倣で小さく利益を得る経営戦略

大きなリスクを負わずに成功するには、成功している人の真似をするのが一番手っ取り早いです。 この経験則は、実はビジネスの世界でも言えることだったりします。 成功している企業の模倣で最低限の成功を目指す経営戦略は、一般的に「フォロワー戦略」と呼ばれます。 今回は、そんなフォロワー戦略の意味や特徴、成功さ […]

  • 2019年12月21日
  • 0件

SWOT分析の目的とは?SWOT分析はどんな場面で役立つのか?

経営学やマーケティングを勉強する方であれば、一度は「SWOT分析」という用語を目にした機会があるでしょう。 SWOT分析は、経営学の本や資格テキストでほぼ必ずとっても良いほど出てくるフレームワークです。 そんなSWOT分析ですが、一体どのような目的で行うのでしょうか? そこで今回は、SWOT分析を行 […]

  • 2019年12月21日
  • 0件

集中戦略とは〜自社の得意分野に特化した経営戦略〜

あらゆる物事に幅広く手をつけるよりも、何か一つに特化(集中)した方が、大きな結果を得られる可能性が高いです。 これはビジネスでも同じことが言えます。 幅広いターゲットを対象に商品やサービスを提供するよりも、ごく一部の地域や顧客層に絞って商品やサービスを開発・販売した方が、大きな成果を得られるかもしれ […]

  • 2019年12月21日
  • 0件

チャレンジャーとは?チャレンジャーが取るべき戦略

「チャレンジャー」という用語を聞いて、皆さんはどのようなイメージを抱くでしょうか? 人によってイメージは違うでしょうが、「強い相手に果敢に立ち向かう」とか「対策に対策を練って格上相手に挑む」といったイメージを抱く人が多いかと思います。 ビジネスにおいても同様で、チャレンジャーは業界でトップの業績を誇 […]

  • 2020年2月18日
  • 0件

創発的戦略とは〜想定外のトラブルを成長の糧にしよう!〜

「経営戦略」と聞くと、役員たちが会議室に何回も集まって、長い時間をかけて作るものだとイメージする人が多いのではないでしょうか? たしかに優秀な人が入念に分析調査した上で戦略を立てることは大切です。 しかし必ずしも、あらかじめ策定した経営戦略が有効とは限りません。 むしろ事業を進めていくうちに困難にぶ […]

  • 2019年12月21日
  • 0件

ゴールデンパラシュートとは?意味やメリットをわかりやすく解説!

上場している企業は、常に他の会社から買収されるリスクと向き合わなくてはいけません。 そこで多くの上場企業は、経営陣の意図しないM&A(敵対的買収)を仕掛けられた際に備えて、買収防衛策と呼ばれる施策を何かしら考えていたり準備しています。 今回はそんな買収防衛策の一つである「ゴールデンパラシュー […]

  • 2019年12月21日
  • 0件

ポイズンピルの意味とは〜毒薬の有するメリットとデメリット〜

わずかな量で命を落としかねない毒薬は、慎重に管理・使用しなくてはいけません。 そんな毒薬ですが、実はビジネスでも用いられることがあります。 ビジネスにおける毒薬は「ポイズンピル」と呼ばれ、主に敵対的買収からの防衛策として用いられます。 絶大な防衛効果をもたらしますが、「ポイズンピル(毒薬)」という名 […]

  • 2019年12月21日
  • 0件

リストラクチャリングとは?〜リストラは悪い行為なのか?〜

皆さんは「リストラ」という用語を聞いて、どのようなイメージを抱くでしょうか? 「人を切り捨てる行いだ」とか「頑張ってきたビジネスを簡単にやめてしまう」など、ネガティブな印象を抱く人は多いと思います。 ネガティブな印象を抱かれやすいリストラクチャリングですが、本来は会社にとってプラスとなる行いです。 […]

  • 2019年12月21日
  • 0件

選択と集中〜最小の経営資源で最大の結果を出す上で不可欠な戦略〜

外部環境の変化の激しい昨今、多角化により経営のリスクを分散すべきという考えが広まっています。 しかし他方で、あえて自信のある事業ドメインに経営資源を集める「選択と集中」という経営戦略により成功をおさめた企業も実在します。 特に経営資源の量が少ない中小企業にとっては、「選択と集中」はものすごく合理的な […]