貢献利益とは?計算方法などを徹底解説!

貢献利益は、複数の事業部それぞれの利益を確認する上で役に立ちます。

この記事では、貢献利益の意味や計算式、限界利益との違いなどをくわしく解説します。

貢献利益とは

共通固定費と個別固定費

まずは、貢献利益を理解する上で必要な「共通固定費」と「個別固定費」についておさらいしましょう。

固定費は「共通固定費」と「個別固定費」に分けられます。

共通固定費とは、各部門で共通して発生する固定費であり、具体的には以下が該当します。

・本社建物の減価償却費

・本社建物の固定資産税

・本社役員の給与

一方で個別固定費とは、ある部門や部署に直接関連する固定費であり、具体的なものは下記です。

・事業部長の給料

・ある部門に特有の商品を生産するのに必要な機械の減価償却費

・ある部門に特有のサービスで必要な広告宣伝費

例えば飲食事業で必要となる広告宣伝費は、他の事業部門では発生しないため個別固定費となります。

貢献利益の意味と計算式

貢献利益とは、ある部門や部署が単体で稼いだ利益を意味します。

貢献利益は下記の計算式で求めます。

  • 貢献利益 = 売上高 − 変動費 − 個別固定費

変動費は、売り上げや生産量の増減にともない変動する費用を意味します。

ちなみに貢献利益を売上高で割った値は「貢献利益率」と呼ばれます。

関連記事

損益分岐点分析(CVP分析)は、会社の経営にとって大いに役立つ手法です。例えば目標利益を達成する計画を立てたり、現状の収益構造の問題点の把握など、損益分岐点分析は様々な場面で応用できます。そんな有用な損益分岐点分析をいざ勉強してみる[…]

貢献利益と限界利益の違い

貢献利益と似たものに、限界利益というものがあります。

限界利益とは、売上高から変動費を差し引いた利益を意味します。

  • 限界利益 = 売上高 − 変動費

限界利益は、商品を1つ販売した際に増加する利益を表しています。

以上のように、貢献利益と限界利益には明確な意味の違いがあるのでしっかり使い分けましょう。

限界利益と貢献利益の違いを表にまとめましたので参考にしてください。

計算式表していること
限界利益売上高 − 変動費商品を販売した際に増加する利益
貢献利益売上高 − 変動費 − 個別固定費各部門が単体で稼いだ利益
関連記事

全4回にわたって「CVP分析をわかりやすく解説シリーズ」の記事を書いていますが、第2回となる今回は、「限界利益」について解説します。損益分岐点分析(CVP分析)を行う上で、とても重要な概念となるのが「限界利益」です。営業利益や粗利益[…]

貢献利益を用いた意思決定の方法

貢献利益を使えば、各部門や部署ごとの収益性から、今後もその事業を行うべきか判断することが可能です。

たとえば以下二つの部門があったとします。

a部門b部門
売上高500万円1,000万円
変動費200万円400万円
個別固定費100万円700万円

a部門と比べるとb部門の方が2倍も多く売り上げを得ているため、一見するとb部門の方に力を入れた方が良いように見えます。

しかし各部門の貢献利益を計算すると、それぞれ以下の通りになります。

  • a部門:500万円−200万円−100万円 = 200万円
  • b部門:1,000万円−400万円−700万円 = −100万円

貢献利益はa部門の方がb部門よりも300万円も多いです。

つまりa部門の方が会社全体の業績に貢献しているのです。

しかも特筆すべきは、b部門の貢献利益がマイナスである点です。

貢献利益がマイナスというのは、業績に悪影響を及ぼしていることを意味します。

事業間のシナジーなどもあるため一概には言えませんが、少なくとも貢献利益のみの観点ではb部門からは撤退すべきであると判断できます。

以上のように、各事業部の貢献利益を計算すると、それぞれの収益性や事業続行の意思決定も行えます。

貢献利益のまとめ

貢献利益を計算すれば、各部門の貢献度合いや事業を続行すべきかの意思決定を行えます。

最低限の会計知識があれば活用できるので、ぜひあなたも貢献利益を実務で役立ててみてください!

最新情報をチェックしよう!