中小企業診断士クラゲの経営学・マーケティングラボ

中小企業診断士の資格や新規事業の経験を持つクラゲが、経営学やマーケティングをゆるく分かりやすく伝えます。

最寄品とは?商品の例や売るポイントを徹底解説!

最寄品

「トイレットペーパー」や「お水」を一切購入(利用)したことがない方はいるでしょうか?

おそらく99.9%の方は、人生で一度以上はトイレットペーパーやお水を購入した経験があると思います。

このように私たちの生活には、ほぼ必ず高い頻度で購入する商品が存在します。

そのような製品をマーケティングの専門用語では「最寄品」と呼びます。

最寄品を販売する際には、高級ブランド品(専門品)や家電(買回品)とは違った方法で販売する必要があります。

この記事では、最寄品の特徴や具体例、最適な販売方法をわかりやすくお伝えします。

最寄品の意味とは?〜最寄品の持つ特徴〜

まず初めに、最寄品がどのようなものかを簡単にお伝えします。

最寄品の意味

最寄品とは、消費者の購買頻度が高く、購入する際にあまり意思決定に労力や時間を割かない商品を意味します。

簡単に言うと、日常的にしょっちゅう購入している安い生活必需品が最寄品です。

「あまり労力を割かずに最寄りのお店で買うから最寄品」とイメージすれば覚えやすいかと思います。 

最寄品の持つ特徴

最寄品には、上記でお伝えした以外にも下記のような特徴があります。

  • 購買頻度が高い(日常的に購入する)
  • 計画的に購入されることは少ない
  • 低価格

上記の特徴を持つ最寄品は、主にスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売される場合が多いです。

最寄品に該当する商品の例

具体的には、どのような商品が最寄品に該当するのでしょうか?

最寄品に該当する商品例を3つご紹介します。

生活必需品(トイレットペーパーや水など)

冒頭でもお伝えしたように、トイレットペーパーや水といった私たちの生活に欠かせない製品は最寄品に該当します。

トイレットペーパーや水を購入する際、わざわざ原材料を詳しく調べたり、複数の店舗を回って比較したりしませんよね?

また生活必需品は、備蓄が無くなった時やセールの時といった突発的なタイミングで購入されるケースがほとんどであり、この点も最寄品の特徴に当てはまります。

ファーストフード

マクドナルドや吉野家などのファーストフードって、突然食べたくなりませんか?

突発的に食べたくなるファーストフードも、計画性の低さや価格の安さといった面から最寄品に含まれます。

日用雑貨

セロハンテープやのり(くっつける方)など、日用的に使う雑貨も最寄品の一種です。

こういった日用雑貨は、基本的に無くなった時や必要となったタイミングで突発的に購入されます。

また低価格である点や購入に労力を割かない点でも、最寄品としての特徴を兼ね備えています。

最寄品を売る際のポイント 

日用雑貨や生活必需品などは、一体どのように販売するのが最適なのでしょうか?

この章では、最寄品を売る際に意識すべきポイントを3つご紹介します。

幅広い場所(多くの店舗)で販売

最寄品のほとんどは、消費者の生活に広く浸透している製品でありながら、かなり低価格で販売されます。

そのため、幅広い場所やより多くの店舗で販売することで利益を確保する必要があります。

少ない店舗数では、多くの利益を確保するのは難しいかもしれません。

便利な立地で販売

消費者は最寄品の購入に関して、あまり労力や時間を割きたくないと考えています。

そのため、お客さんが購入しやすい立地で販売することが必須となります。

利便性の悪い場所で販売すると、駅前などの好立地で販売する他社に勝てません。

最寄品を販売する際は、住宅街や駅前など、利便性の高い場所に店舗を構えるのが重要です。

大々的にプロモーションを行う

くどいようですが、消費者は最寄品の購入に際してあまり労力を使いません。

つまり消費者が進んでブランド間の比較を行い、指名買いするようなケースはないのです。

よって大々的にプロモーションを実施し、企業の方から商品をアピールする必要があります。

製品を作って売るだけでは、消費者に認知してもらえず収益を得るのは困難でしょう。

最寄品のまとめ

最寄品の説明は以上になります。

私たちの身近な生活に欠かせない最寄品は、あまり意思決定に労力を割かずに購入されます。ですので、とにかく認知度を高めつつ、幅広い場所で販売する施策が求められます。

このような特徴があるため、最寄品の販売ではどうしても大手企業の方が有利となる傾向があります。

最寄品を販売する個人商店が、大手企業の進出を契機に潰れてしまうケースは少なくありません。

これから何か商品を販売する事業を行いたい方は、難易度が高いことをあらかじめ認識しておきましょう。