中小企業診断士クラゲの経営学・マーケティングラボ

中小企業診断士の資格や新規事業の経験を持つクラゲが、経営学やマーケティングをゆるく分かりやすく伝えます。

流動比率・当座比率とは?各指標の目的や違いをわかりやすく解説!

流動比率と当座比率

自己資本利益率や負債比率といった経営分析の指標は、企業の経営状況を定量的に分析する上で非常に役立ちます。

数ある指標の中でも、短期的な安全性を図る際には「流動比率」や「当座比率」と呼ばれる指標を利用する必要があります。

今回の記事では、短期的な安全性を図る指標である流動比率と当座比率について、違いを明確にしつつ解説します。 

流動比率や当座比率を見ると何が分かるのか?

そもそも流動比率や当座比率を見ると、一体何がわかるのでしょうか?

結論から言うと、流動比率や当座比率を見ることで、その会社の「短期的な安全性」や「短期的な支払い能力」が分かります。

会社の持つ負債の中には、一年以内に返す必要があるもの(流動負債)もあります。

会社の中にこの流動負債を全額返すだけの資産がなければ、資金繰りが悪化して会社の経営を継続できなくなる可能性が高まります。

流動比率や当座比率は、会社内の資産を全て換金した場合に、一年以内に返す必要のある負債を全て返すことができるかどうかを見る指標なのです。

流動比率とは

ここからは、流動比率と当座比率の意味や計算式、目安をそれぞれご説明します。

まず初めに、流動比率から解説します。

流動比率の意味

流動比率とは、一年以内に返済する義務のある流動負債に対して、一年以内に現金化できる流動資産をどのくらい持っているかを表す指標です。

流動比率の数値がおおきいほど、短期的な安全性が高いと言えます。

流動負債には、買掛金や短期借入金、支払手形などがあります。

一方で流動資産には、現金や預金、売掛金、棚卸資産などが該当します。

流動比率の計算式

流動比率は、流動資産を流動負債で割った値に100をかけることで計算できます。

  • 流動比率(%) = (流動資産÷ 流動負債) × 100

例)流動資産200万円、流動負債100万円

流動比率(%) = (200 ÷ 100) × 100 = 200%

流動比率の目安

理想的な流動比率の目安は、200%以上と言われています。

ただし上記は理想的な数値であり、実際には100%以上あれば問題ないと言われています。

なぜなら、流動比率が100%ということは、少なくとも直近1年間は負債を返しきれずに資金繰りが悪化する心配がないと言えるからです。

一方で流動比率が100%を切っていると、すべての流動資産を売却しても流動負債を返しきれない状態であるため危険です。

会社を経営する際には、常に流動比率が100%を上回るようにしておくことが大事です。

当座比率とは

次に、当座比率の意味や計算式、目安を解説します。 

当座比率の意味

当座比率とは、一年以内に返す義務のある流動負債に対して、当座資産をどの程度持っているかを表す指標です。

当座資産とは、現金と預金、受取手形、売掛金、有価証券を合計したものです。

つまり流動資産から棚卸資産を差し引いたものが、基本的には当座資産となります。

当座比率の計算式

当座比率は、当座資産を流動負債で割った値に100をかけることで計算できます。

  • 当座比率(%) = (当座資産 ÷ 流動負債) × 100

例)当座資産160万円、流動負債100万円

当座比率(%) = (160 ÷ 100) × 100 = 160%

当座比率の目安

当座比率の目安は、100%以上であることが好ましいと言われています。

詳しくは後述しますが、当座比率の分子では流動資産よりも確実に現金化できる「当座資産」を利用しています。

そのため、当座資産が流動負債を上回っていれば(当座比率が100%以上あれば)、1年以内の安全性は高いと言えるのです。

流動比率と当座比率の違い

流動比率と当座比率はどちらも短期的な安全性を測る指標ですが、どのような違いがあるのでしょうか?

結論を言うと、流動比率と当座比率の違いは「指標自体の信頼性」にあります。

分子に当座資産を利用している当座比率の方が、より厳格に短期的な安全性を測ることができます。

なぜなら、 当座資産は確実に1年以内に現金化できるか分からない「棚卸資産」を除外するためです。

棚卸資産(在庫)を現金に換えるには、お客さんに在庫商品を販売する必要があります。

会計のルール上は流動資産(一年以内に現金化できる資産)に分類されますが、必ずしも1年以内に在庫を全て売りさばけるとは限りません。

お客さんの需要量次第では、一年以内に売れない可能性は十分考えられます。

より正確に短期的な安全性を算出するには、不確実性がおおきい当座資産を差し引くことで、より確実に1年以内に現金化できる「当座資産」を利用する必要があるわけです。

より厳格に短期的な安全性(支払い能力)を調べたい際は、流動比率ではなく「当座比率」を利用しましょう。

流動比率と当座比率のまとめ

今回の記事では、短期的な安全性を図る指標である「流動比率」と「当座比率」の意味や計算式、目安をお伝えしました。 

流動比率や当座比率について知っておけば、自社や取引先の短期的な安全性を財務の面から分析することができます。

ただし厳格に1年以内の安全性を測る場合には、当座比率を利用する必要があるので注意しましょう。

経営分析のやり方についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください!

www.bizkurage.com