多角化のメリットとデメリット〜経営者が知っておくと有利な多角化〜

消費者のニーズが多様化していることや、一つの事業やサービスが生き残れる期間が短くなっている現状から、経営の多角化を図る企業が増えています。 

中には、「企業はとにかく多角化すべき」という意見や考え方を発信している方もいます。 

変化の激しい現代において、多角化は確かに大きなメリットを期待できる経営戦略です。 

しかしながら、全ての企業に多角化戦略が向いている訳ではありません。 

良い側面だけを見て多角化戦略を実行すると、思わぬ大失敗を招く恐れがあります。 

そこで今回は、多角化のメリットとデメリットの双方を取り上げつつ、どんな企業に多角化戦略が向いているのかをご説明します。 

そして最後には、多角化戦略を実践する上で重要なポイントもお伝えします。 

経営の多角化とは?

はじめに、経営の多角化とはどのような経営戦略であるかを確認しておきましょう。 

多角化経営の意味

多角化経営とは、多角化を積極的に推し進める経営を意味します。 

多角化とは、新しい市場(顧客)に対して、新しい商品やサービスを販売する経営戦略です。 

つまり、まったく新しいビジネスを行うのが多角化というわけです。 

多角化は、経営学者のアンゾフ氏が提唱した「アンゾフのマトリクス」に含まれる経営戦略の1つです。 

アンゾフのマトリクスとは、「市場」と「製品」という2つの軸で企業が成長するための経営戦略を考えるフレームワークです。 

アンゾフのマトリクスでは、市場と製品の組み合わせにより、企業の成長戦略を以下4種類に大別しました。 

  • 市場浸透戦略:既存の市場で既存の商品を販売する戦略 
  • 新市場開拓戦略:新しい市場で既存の商品を販売する戦略 
  • 新製品開発戦略:既存の市場で新しい商品を販売する戦略 
  • 多角化戦略:新しい市場で新しい商品を販売する戦略 

4種類の戦略をくわしく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

関連記事

「今後どのように事業を展開していけば良いのか・・・」企業経営を存続させるためには、絶えず今後取るべき成長戦略を頭の中で考える必要があります。そんな成長戦略の構築に役立つフレームワークに、「アンゾフのマトリクス」というものがあります。[…]

アンゾフのマトリクス

多角化経営が重要である理由

多角化経営が重要である理由は、一つの事業のみで長期的に利益を得ることが困難な時代だからです。

一昔前までは、景気が良かった上に消費者のニーズが比較的単純であったため、単一の事業で長期的に利益を得ることが可能でした。 

しかし近年は、景気の悪化やニーズの多様化などにより、単一事業だけで利益を獲得しつづけるのは難しくなっています。

大流行していた商品・サービスが、わずか1〜2年で急速に衰退するケースも少なくありません。

このような不確実性が高い時代だからこそ、多角化経営が有効となります。

くわしくは後述しますが、多角化では「リスク分散」や「新たな収入源の確立」といったメリットを得られます。

こうしたメリットがあるため、先行きが不透明な現代において、多角化は長期的な経営を実現する上で不可欠の戦略と言えます。 

多角化戦略の種類 

多角化戦略は、大きく2つの種類に大別できます。 

まず1つ目は「水平型多角化」です。水平型多角化とは、既存事業と関連性が高い事業を新しく始める多角化の方法です。

たとえばレストランを経営する会社ならば、新しく居酒屋事業を始めるのが水平型多角化に該当します。

2つ目は「垂直型多角化」です。垂直型多角化とは、サプライチェーン(原材料の調達から消費者への販売までの一連のプロセス)における上流や下流に事業を展開する方法です。

たとえば畜産業者が自ら飲食事業を始めるケースが、垂直型多角化に該当します。  

多角化経営の事例

多角化経営を実践する企業はたくさんあります。たとえばオリックスは、機械設備のリース事業を行っていた会社ですが、今では金融や保険など幅広い事業に力を入れています。

他にも、セブンイレブンやソニー、楽天など、有名な企業の中にも多角化経営に取り組み、大成功を収めた事例は少なくありません。

難しいと言われる多角化ですが、こうした成功事例を参考にすると、実際に多角化を行う際のヒントを得られるでしょう。

関連記事

経営戦略の中でも特に有名なものに「多角化」という戦略があります。大企業のみならず中小企業でも行われている多角化とは、一体どのような戦略なのでしょうか?この記事では、多角化の意味や種類、多角化を実践している企業の事例などを解説します。[…]

多角化

多角化のメリットとは

企業が多角化戦略を行うと、一般的には以下7つのメリットを得られます。

メリット①:単一の事業に集中するよりも多くの収益を得られる可能性が高い

業種やタイミングにもよりますが、事業はある程度まで成長すると、成長率が鈍化していきます。

すでに成功している事業に資金や労働力を投入しても、急激な収益増加は実現しにくいです。

一方で多角化により新規事業を始めることで、軌道に乗れば多額の収益を得られるようになります。

もう一つの収益源を作れる点は、多角化戦略が持つ大きなメリットと言えます。

メリット②:企業経営に伴うリスクを低減できる

企業を取り巻く環境の変化が激しい昨今において、リスクを低減できる点は多角化における最大のメリットです。

単一の事業しか行なっていない場合、その事業の業績が悪化した時点で、経営に大打撃が発生します。場合によっては、廃業(倒産)に追い込まれるリスクもあります。

しかし多角化戦略を行なっていれば、主力事業がダメになっても、他の事業で収益を得られていれば、全社的な大損害を回避出来ます。

いつ主力事業がダメになるか分からない現代の状況を省みると、リスク分散のメリットはとても魅力的です。

メリット③:事業間のシナジー効果を期待できる

多角化している事業の間に関連性がある場合、 シナジー効果を期待できます。

企業経営におけるシナジー効果とは、「事業同士が互いに良い影響をもたらし合う事で、それぞれ単体で行なっている時よりも大きな結果を生み出す効果」を意味します。

簡単に言うと、それぞれ個別に行なっていれば100万円の利益しか得られないものの、同時に行う事でそれ以上の利益を得られる状況がシナジー効果です。

複数の事業を営む多角化では、収益増加やコスト低減などのシナジー効果も期待できるのです。

メリット④:範囲の経済性を得られる

範囲の経済性とは、一つの企業が複数のビジネスを行うことで、それぞれのビジネスを別々の会社が運営する場合よりも、経済的に(低コストで)事業を運営できるようになる効果を意味します。 

たとえば、複数の事業領域で別々のブランド名を使ってビジネスを始めるとしましょう。

一つのブランドの人気を確立するまでには、たくさんの時間やコストがかかります。

そのため、それぞれの事業領域でブランドを軌道に乗せるには、莫大な時間・コストがかかるでしょう。 

一方で、ある事業分野で人気を確立したブランド名を他の事業で使えば、最初から知名度がある状態でそれぞれの事業を始められます。

そのため、顧客獲得やマネタイズに費やすコストや時間を大幅に削減できます。 

この効果こそが範囲の経済性です。関連性が高い事業同士で多角化を図れば、範囲の経済性により、経済的に事業を運営しやすくなるでしょう。 

メリット⑤:使用していない経営資源を有効活用できる

使用していない経営資源を有効活用できる点も、多角化で得られるメリットの1つです。 

たとえば先代の経営者から引き継いだ空き地を所有していたとします。本業で空き地をまったく活用しない場合、この空き地は1円の利益も生み出さない無駄な経営資源となります。

そこで駐車場事業やアパート経営などの事業に多角化を図れば、空き地をビジネスで活用し、利益を生み出せる可能性があります。 

メリット⑥:社員のチャレンジ精神や能力の向上を期待できる

業績が好調な事業だけを続けると、社員は毎日同じ業務を淡々とこなす日々となりがちです。

毎日同じことを安定した業績のもとで行うため、チャレンジ精神は徐々になくなる傾向があります。 

一方で多角化を行う企業では、社員が創意工夫をこらして一からビジネスを軌道に乗せる体験を経ます。

まったく新しい業務に取り組んだり、中々結果がでない状況を打破するための工夫などを行うため、社員のチャレンジ精神や能力の向上を期待できます。 

メリット⑦:長期的に安定した収益を得られるようになる 

ここまでお伝えしたとおり、多角化が上手くいけば「リスク分散」や「収益源の確立」、「シナジー効果の発揮」、「チャレンジ精神・能力の向上」といったあらゆるメリットを得られます。 

リスクを分散しつつ新たな収益源を獲得し、かつ各社員の能力を底上げすることで、上手くいけば長期的に安定した収益を得られる経営体質となります。

この領域までたどり着くのは簡単ではありませんが、長期的な経営を実現する目的で多角化にチャレンジする価値は十分あるでしょう。 

多角化のデメリットとは

多角化はメリットが多く魅力的な経営戦略ですが、下記のようなデメリットも存在します。

デメリット①:コストがかかる

これまでとは異なる事業を始めるので、多角化を行う前と比べて、余分に費用がかかるようになります。

新規事業を軌道に乗せる為には、広告宣伝費や研究開発費、設備の取得費用など、多額の費用がかかります。

不確実である上にノウハウがない新規事業に多額の費用が必要となるのは、多角化を行う上で避けて通れないデメリットです。

デメリット②:大損失を招くリスクがある

多角化戦略を行う二つ目のデメリットは、失敗すると大損失となるリスクがある点です。

先ほどもお伝えした通り、多角化の実施には多額の費用が必要になります。

成功すれば費やした費用を大幅に上回る利益を得られる一方で、失敗すると全ての費用が水の泡になります。

自社の経営資源を投資していただけならばまだマシですが、M&Aによって多角化を進めていた場合には再起できないほどの大損失となり得ます。

M&Aを一回実施すると数億円〜数百億円の費用が発生する為、失敗した際の損失は莫大なものとなります。

ダイエットの事業で急成長した某会社は、企業規模の拡大を目的に、従来では考えられないペースでM&Aを行い続けました。

当初はM&Aによる多角化が注目されていたものの、つい最近70億円の赤字が出ている旨を発表し、多角化は失敗だった事が判明しました。

某社の失敗事例からは、M&Aを主体とした多角化には、経営上大きなリスクを抱えている事が学び取れます。

多角化による大きな損失を回避するには、新しく始めるビジネスの市場について入念に調査・分析し、効率的に新規顧客を獲得する必要があります。

市場の成長率や顧客の属性(性別や年齢など)、顧客のニーズなどを知っておくことで、少ない労力で着実に新規の顧客を増やせます。

デメリット③:非効率な経営となるリスクがある 

上手くいけばシナジーや範囲の経済性を得られる多角化ですが、一歩間違えると非効率な経営につながります。 

たとえばあらゆる事業に進出すると、各事業で保有する経営資源や機能に重複が生じる恐れがあります。

本来1つの工場を保有するだけで十分であるにも関わらず、事業ごとに工場を保有し、結果的に建設コストや仕入コストが増えてしまうのが一例です。 

また、経営資源の分散により本業の収益性が低下したり、指揮命令系統が複雑となったりするリスクもあります。 

デメリット④:企業の特徴が不明瞭となりやすい

企業の特徴が不明瞭となりやすい点も、多角化を図る上で注意すべきデメリットの1つです。 

短期的な利益を目的に多角化を進めると、事業間の関連性が低くなっていきます。

関連性が下がってしまうと、何の事業を行う会社であるかが消費者から分かりにくくなってしまいます。 

また、経営理念や経営戦略に適さない事業を行うようになってしまい、中長期的な目標の達成が困難となる恐れもあります。

理念や戦略は、企業にとって中長期的な目標を達成するための指針となります。 

長期的な目標を見失わないためにも、理念や戦略に適う範囲内で多角化を推し進めるのが重要です。

多角化と集中どっちが良い?

「多角化にはメリットとデメリットの双方がある 」という事が分かったところで、どんな企業には多角化戦略が向いているのかを考えてみましょう。

多角化した方が良いケース

独自の技術力やノウハウを駆使して、ある分野で成功している事業を持っている場合は、多角化した方が良いでしょう。

多角化に必要な資金や、多角化を有利に進められる技術やノウハウがあるため、多角化の成功可能性は比較的高いです。

また余剰資金で多角化を行えば、失敗した際の損失も最小限に抑える事ができます。

単一事業に集中した方が良いケース

「まだ主力事業と呼べるほど収益を得られる事業が無い場合」や「資本力や経営資源に乏しい場合」は、多角化戦略は行わず、単一の事業に集中した方が良いでしょう。

多角化はハイリスクな経営戦略なので、失敗しても大損失とならない状態がベストです。その為には、豊富な資金力や安定した主力事業がなくてはいけません。

上記のケースに該当する企業は、まずは単一事業を成長させる事に集中するのがオススメです。

多角化経営の成功には「リスクの軽減」が不可欠

多角化に向いているケースとそうで無いケースをご紹介しましたが、中には起業したばかりの状況でも、多角化を図りたいという方もいるでしょう。

企業の経営には正解がないので、起業した段階で多角化を図って成功する可能性も十分考えられます。

とはいえ多角化するのであれば、リスクを最小限に抑えるべきです。

潤沢な資金があろうと無かろうと、多角化が失敗すると少なからず損失が発生します。

ちょっとした損失であったとしても、その後大きな損失につながる可能性も考えられます。

起こり得る最悪の事態を回避する為にも、多角化する際には下記の2点を意識するのがオススメです。

主力事業と関連性の高い分野で多角化を行う

多角化戦略には、既存事業と無関係の事業を行う「無関連多角化」と、関係性がある「関連多角化」の 二種類があります。

リスク分散の効果は無関連多角化の方が大きいですが、「関連多角化」の方が成功可能性は高いです。

リスク分散のメリットを期待して無関連多角化を行なっても、某社のように失敗しては意味がありません。

資金や労力を無駄にしない為にも、よほどの理由がない限り、関連性のある事業を行なった方が無難です。

加えて「関連多角化」には、失敗するリスクを低減するメリットだけでなく、シナジー効果を得やすいメリットもあります。

シナジー効果や成功可能性を高める為にも、自社のノウハウやスキル・既存設備を活かして行える事業分野で多角化を図ることをオススメします。

初期投資は小さく

多角化に限らず新規事業は、不確実性が高い一方で成功可能性が低いものです。

どれほど緻密な戦略を練ったとしても、多くの新規事業は失敗に終わっています。

そもそも新規事業は失敗が当たり前だと思って、初期投資を小さく始めるのがオススメです。

最初は少額の初期投資から初めて、十分ニーズがあると判明したら大規模に経営資源を投入すれば良いのです。

初期費用を小さくする事で、失敗した際の損失を最小限に抑えられる上に、資金が残るので再び多角化にチャレンジしやすくなります。

「少額の初期投資で起業する」という考え方は、米の起業家エリック・リース氏が自身の経験を基にした書籍”リーン・スタートアップ”にて公表したもので、シリコンバレーで大きな反響を呼びました。

多角化や新規事業を始める方にはとても役立つ内容なので、気になる方は読んでみてはいかがでしょうか?

引き続き主力事業に注力する

多角化経営を行うには、新しいビジネスに取り組むことが不可欠です。新しいビジネスを軌道に乗せるには、研究開発費や人件費などに多額の費用がかかります。 

費用の増加に耐えるには、主力事業で十分な収入を稼ぎ続ける必要があります。

主力事業で十分な利益を生み出していれば、新規事業に必要な費用をカバーできるため、経営状態が悪化する事態を回避できます。

また、万が一新規事業が失敗しても、主力事業が残っていれば経営を続行することが可能です。 

逆に主力事業を疎かにして多角化を進めると、急な費用の増加によって経営状態が悪化したり、新規の事業がダメになった時点で主力事業の収益性も低下し、経営の続行が困難となる恐れがあります。 

このような事態を避けるために、多角化経営では主力事業への注力を怠ってはならないのです。 

多角化のメリット・デメリットまとめ

新たな収入源を確立できる点で、多角化は経営者にとって大きなメリットをもたらす経営戦略です。

しかし一方で、既存のノウハウや知見を全く活かせない土俵で戦うことになるため、リスクも非常に大きいです。

少しでも失敗するリスクを回避するためにも、多角化戦略を実践する際には、新規顧客の獲得を効率的に進める必要があります。

新規顧客を獲得する際には、人工知能を使って少ないコストで効率的に新規開拓を行えるGeAIneを使うのがオススメです。

GeAIne|新規開拓営業支援ツール