ESGとは?意味やESG経営について解説!

従来の投資家は、企業の収益性や財務的な安定性などを基準に投資の意思決定を行っていました。

しかし近年は、「ESGの視点から経営を行っているか?」という視点も重視されるようになっています。

そこで今回は、ESGの意味やESGを重視して経営を行う方法などをくわしく解説します。

ESGとは?

まずは、ESGについて最低限知っておくべき基本事項を解説します。

ESGの意味

ESGとは、Environment(環境)Social(社会)Governance(企業統治)という3つの単語を組み合わせて作られた言葉です。

企業の持続的・長期的な成長には、ESG(環境や社会、企業統治)を重視した経営が不可欠であるという考え方が、世界的に広まりつつあります。

ESGが注目される理由

ESGが注目される理由は2つあります。

1つ目の理由は、環境や社会に悪影響を及ぼす企業は、長期的に事業を持続・成長させられないという考え方が広まったことです。

たとえば、短期的な利益を追求して環境汚染や人権侵害などの問題を起こすと、やがて問題が世間に露見し、企業価値を大きく毀損する恐れがあります。

一方で社会的な問題の解決に努める企業は、消費者から良いイメージを持ってもらえ、長期的に企業価値を高めやすいです。

そうした事情から、ESGへの取り組みに注力する企業が増えているのです。

2つ目の理由は、世界中の投資家がESGを重視する投資に移行していることです。

2006年に国連が提唱したPRI(国連責任投資原則)では、機関投資家がESG投資の視点を組み入れることが原則に含まれました。

国連が主体的にESGを重視する投資を推奨したことで、一気にESGの重要性が高まったと言えるでしょう。

ESG投資の概要

ESG投資とは、ESGを重視した経営を行う企業に対する投資です。

およそ20年前頃までは、社会や環境問題を重視する企業への投資には、リターンが少ないという否定的な意見が多くありました。

しかし近年は、大学や金融機関などにより、社会や環境問題を重視する企業への投資は、中長期的に見るとリターンが大きいという実証研究が公表されています。

また、財務指標には表れないリスクを排除できるという研究結果もあります。

こうした研究結果を踏まえて、ESG投資を行う投資家が増加傾向となっています。

この傾向は2014年から2016年にかけて、日本のESG投資市場が70億ドルから4740億ドルまで拡大した事実が、経済産業省によって公表されていることからも明らかです。

参考:ESG投資 経済産業省

CSRやSDGsとの違い

ESGと似た概念を持つ用語に「CSR」や「SDGs」があります。

この章では、ESGとこれらの用語の違いを紹介します。

CSRとの違い

CSR(Corporate Social Responsibility)とは、「企業の社会的責任」という意味の用語です。

「企業は自社の利益のみならず、社会が抱える課題の解決に向けて行動する責任を持っている」というのがCSRの趣旨です。

厳格な違いはないものの、強いて言うとCSRと比べてESGの方がビジネス的な視点に立っているという違いがあります。

「損得を考えず主体的に、社会問題の解決に向けて行動する」という考え方のCSRとは違い、ESGは「長期的な持続・成長に向けて、社会や環境問題の解決に努める」という意味合いが強いと言えるでしょう。

SDGsとの違い

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、20159月開催の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」のことです。

2030年までに持続可能な社会を実現するために、気候変動や人種間の不平等、貧困などの問題解決に向けた17の目標が定められています。

SDGsESGの違いは、取り組みの主体にあります。

SDGsは企業に限らず、国や地方自治体、一般消費者など、あらゆる人・団体が主体的に取り組む目標です。

一方でESGは、自社の長期的な発展を目指して企業が主体となって取り組む活動です。

もしくは、環境や社会問題の解決に取り組む企業に出資する投資家が主体の活動とも言えます。

したがって、ESGと比べてSDGsの方が取り組む主体は大きいです。

ただし取り組む対象は同じであるため、ESGの活動を行う企業は、同時にSDGsの目標達成に貢献することになります。

ESG投資で用いられる手法

ESG投資の普及を行う組織であるGSIA(Global Sustainable Investment Alliance)では、ESG投資を下記7つの手法に分類しています。

ネガティブ・スクリーニング

ネガティブ・スクリーニングとは、特定の業界に属する企業を投資対象から除外する投資手法です。

除外する対象としては、化石燃料や武器製造、動物実験、原子力発電などが挙げられます。

従来ネガティブ・スクリーニングは、アメリカのキリスト系の団体が、宗教的な倫理観に外れる業界(ポルノやギャンブル、アルコールなど)を投資対象から除外するために行っていました。

しかし近年は、環境破壊や社会問題の助長につながる業界を投資対象から外す目的で行われるケースが一般的となっています。

国際規範スクリーニング

国際規範スクリーニングとは、ESGに関する国際的な規範について、一定水準に達していない企業を投資対象から外す投資手法です。

例えば国連が定める環境ルールを守っていない企業は、国際規範スクリーニングにより除外されます。

環境以外にも、児童労働や経済成長などあらゆる規範があり、どの規範を取り入れるかはESG投資を行う投資家によって異なります。

投資家の中には、複数の規範を取り入れてその合計点が低い企業を投資対象から外す人もいます。

ポジティブ・スクリーニング

ポジティブ・スクリーニングとは、ESGに関する取り組みの水準が高い企業に積極的に投資する手法です。

具体的には、ESGに関連するテーマ(環境や人権、多様性など)ごとに一定の基準を設けて、各テーマの合計点が高い企業への投資を行うのが一般的です。

インパクト・コミュニティ投資

インパクト・コミュニティ投資とは、環境や社会に与える影響が大きい企業や、コミュニティの発展に寄与する企業を投資対象とする手法です。

インパクト・コミュニティ投資は、さらに「財務パフォーマンス(業績)を犠牲にしてでも、環境・社会的な影響の大きさを重視する手法」と「財務パフォーマンスと環境・社会的な影響の大きさをバランス良く追求する手法」の2種類に大別されます。

環境や社会に大きな影響を与える企業は、非上場で事業規模が小さいケースが多いです。

そのため、ベンチャーやエンジェル投資家による非上場企業・特定プロジェクトへの投資が主流となっています。

サステナビリティ・テーマ投資

サステナビリティ・テーマ投資とは、サステナビリティ(持続可能性)との関連性が深い業種に絞って対象企業を選定する投資手法です。

具体的には、再生可能エネルギーや自然エネルギー、エコなどの分野で事業を行う事業者が投資対象となります。

世界的にはマイナーなESG投資の手法だが、日本では知名度が高く歴史のある手法です。

ESGインテグレーション

ESGインテグレーションとは、財務情報に加えてESGに関する情報も考慮した上で、投資判断を行う手法です。

特定の業種や企業を除外・選抜しない点や、ESG情報を加味する程度が各投資家によって異なる点が特徴です。

柔軟に投資対象を選べる点や財務情報もしっかり加味する点から、近年は多くの投資家から人気を集めています。

2014年から2016年にかけて市場が大きく成長し、今ではネガティブ・スクリーニングに次いで運用額が大きなESG投資の手法となっています。

エンゲージメント・議決権行使

エンゲージメントとは、投資先の企業に対して株主の立場からESG活動に対して提言することを意味します。

一方で議決権行使とは、株主の権利である議決権を行使することで、株主総会での意思決定に影響を与えることです。

つまり上記6つの手法とは異なり、こちらはESGを積極的に行ってもらうために投資家が行う活動の内容です。

エンゲージメント・議決権行使は、単体のみならず上記6つの手法と併用されるケースが多いです。

参考:Global Sustainable Investment Alliance 日本サステナブル投資フォーラム

ESG経営を実践する方法

ESG投資の普及に伴い、ESGの視点で経営を行う企業は、ブランディングやビジネスチャンスの創出など、あらゆるメリットを享受できるようになりました。

この章では、ESG経営を実践し、メリットを得るための方法を3種類紹介します。

ESG普及の流れを上手く経営に活かしたい方は参考にしてみてください。

ESGに積極的に取り組むことでブランド力を高める

ESGに積極的に取り組む企業は、必然的に社会や環境にとって利益のある活動を行うことになります。

そのため、社会的に意義のある事業を行っている企業として、消費者や投資家などから良好なイメージを持ってもらえます。

その結果、ブランドの知名度や好感度が高まり、長期的に安定した業績を出しやすくなるでしょう。

投資家から需要のある形でESGを実践する

投資家から出資を募るには、投資家の期待に沿うことが重要です。

したがって、投資家が求める形でESG活動を行えば、よりたくさんの出資を得られ、結果的に企業価値の向上につながります。

ただし、自社に出資する投資家は絶えず変化するため、定期的に出資している投資家の構成などを見極めて、ESG活動の方向性や方法を柔軟に変える必要があります。

ESGの視点により新規事業や製品改良を実施する

ESGの視点を活かし、積極的に新規事業の立ち上げや製品改良などを進めるのも有効な戦略です。

たとえば株式会社TBMという会社は、紙やプラスチックの代わりとなる素材である「ライメックス」を開発しました。

ライメックスには石油由来樹脂がほとんど使われていないため、石油や水、森林資源の保全やCO2排出の削減につながります。

こうした環境に優しい商品を作ったことで、同社は上場間近と呼ばれるほどの成長を見せています。

この通りESGの視点は、投資家や社会などのみならず、自社にとっても利益をもたらすのです。

参考:LIMEX – 革命的新素材LIMEX(ライメックス) 株式会社TBM

ESGに関するまとめ

ESGは、戦略的にブランド力や収益性を高める上で有効な活動です。

一方で投資家から見ると、ESGに積極的に取り組む企業は長期的な収益をもたらす投資対象となり得ます。

投資家にしろ事業会社にしろ、今後はより一層ESGを意識して投資やビジネスを行うのがオススメです。

最新情報をチェックしよう!