期待収益率(リターン)とは?計算方法やリスクとの関係を解説!

突然ですが皆さんは、株式や不動産への投資をやっていますか?

どの資産に投資するかを判断するとき、単純な好き嫌いや経営戦略、市場の成長性など、様々な評価基準があります。

この記事では、投資の評価基準の一種「期待収益率」にフォーカスします。

期待収益率とは

期待収益率の意味

投資により予想される収益の比率です。

投資の収益率は、経済動向をはじめとした外的要因により変化します。

たとえば、好景気であれば収益率は高い一方で、不景気だと収益率は低くなります。

したがって期待収益率には、「経済動向(外的要因)に応じて変化する収益率の加重平均」を用いるのが一般的です。

様々な経済動向を加味することで、より正確な予想を行えるのです。

期待収益率はどんなシーンで役に立つの?

ビジネスの世界においてさまざまなシーンで用いられています。

最も馴染みがあるのは、株式や不動産の運用かもしれません。期待収益率を計算すれば、投資すべきかどうかをより合理的に考えられるようになります。

また、DCF法による企業価値の計算やM&A(合併と買収)の実行すべきかどうかを決定するときなどにも使用されます。

特にDCF法で用いるWACC(加重平均資本コスト)を計算するときには、株主の要求する期待収益率が不可欠です。

経営者やファイナンスに携わる職業の人でなくても、期待収益率の基本的な部分については知っておくと便利だと思います。

関連記事

M&Aや株式投資などの場面で重要な概念となるのが「企業価値」です。企業価値を算出すれば、「その会社をいくらで売買すべきか」とか「株価はいくらくらいが妥当なのか」などの判断材料にすることが可能です。企業価値の計算方法には様々あ[…]

期待収益率の計算(個別の資産)

各シチュエーションごとに「収益率」と「そのシチュエーションが発生する確率」を掛けた値を計算し、それを合計すれば、株式や不動産などの期待収益率を導出できます。

  •  Σ {ある事象の発生確率 × ある事象での収益率}

以下の例題を使って、期待収益率の計算式を使ってみましょう!

例題)為替次第で、次のように収益率が変化する株式を購入する

為替相場確率収益率
円高0.210%
変化なし0.68%
円安0.24%

期待収益率は以下になります。

  • 0.2×10%+0.6×8%+0.2×4% = 7.6%

株式の期待収益率は7.6%であると判明しました。

最新情報をチェックしよう!