マーケットアプローチとは【計算方法やメリット・デメリット】

株式や企業の価値を計算する方法は、大きく「インカムアプローチ」、「コストアプローチ」、「マーケットアプローチ」の3種類に分けられます。

今回の記事では、その中からマーケットアプローチのメリットやデメリット、具体的な計算方法を解説します。

マーケットアプローチとは?メリットとデメリット

マーケットアプローチとは、市場や競合他社を基準に企業価値や株式価値を計算する方法です。

マーケットアプローチのメリット

マーケットアプローチを用いて企業価値や株式価値を計算すると、以下に挙げるメリットを得られます。

・客観的に見て合理的な価値を算定できる

・市場や業界のトレンドを加味できる

・非上場のベンチャーや中小企業でも活用できる

マーケットアプローチでは、市場での平均株価や、自社と類似する事業を行う他社を基準に株価や企業価値を計算します。
そのため、インカムアプローチやコストアプローチと比べて客観性の高い計算結果となります。
また、市場の成長度合いや業界の活況など、トレンドを加味できる点もマーケットアプローチの持つ大きなメリットです。
あらゆるトレンドを加味しつつ客観性の高い企業(株式)価値を計算できるため、非上場企業の株価算定やM&A(事業売却)でも広く活用されています。

マーケットアプローチのデメリット

ベンチャーや中小企業でも客観的な企業(株式)価値を計算できる一方で、下記のようなデメリットもあります。

・風評被害やインサイダーなどの影響を受けやすく、実態に即した株価や企業価値を計算できない可能性がある

・比較対象となる企業を見つける必要があるため、手間がかかる可能性がある

マーケットアプローチでは、市場の株価や株に関連した指標を用いて企業価値や株式価値を計算します。
しかし市場での株価や指標は、必ずしも実態(業績)に即した価値となっているとは限りません。
たとえばインサイダー取引が行われていれば本来の実力以上に株価が上昇する可能性がありますし、反対に風評被害が起きている企業の株価は実力よりも株価は下落します。
実態とは関係ない要素の影響を受けやすいため、場合によっては妥当な企業価値や株式価値を計算できないこともあります。
また、比較対象となる企業や業種を探す手間もかかる点にも注意が必要です。

マーケットアプローチの計算方法

マーケットアプローチでは、主に下記2つの計算方法で株価や企業価値を求めます。

市場株価法

市場株価法とは、市場で取引されている株価を基準に、株式価値や企業価値を計算する方法です。

ただしある時点での株価のみを用いると、インサイダーや景気などの影響をモロに受けてしまうので、実際には過去1ヶ月〜3ヶ月の平均株価を用います。

具体的な株式価値(時価総額)の計算方法は、平均株価に発行済み株式数をかけるだけです。

株式価値 = 平均株価 × 発行済み株式数

至って簡単に計算できるものの、市場での株価を用いる以上、上場企業しか活用できません。

また、市場の株価はその期間での株主の期待値を表すに過ぎないため、M&Aで得られるシナジー効果や将来性は加味できません。

類似会社比準法

類似会社比準法とは、自社と事業内容が類似している上場企業を基準にして、企業価値や株式価値を計算するマーケットアプローチの手法です。

具体的には、類似する上場企業のPERやPBR、EBITDA(税引前当期純利益に特別損益や減価償却費、支払利息、を加算した利益)を用います。

今回は、その中からEBITDAを用いた場合の、類似会社比準法の計算プロセスを解説します。

手順①:類似企業のEBITDA倍率を計算する

はじめに、類似企業のEBITDA倍率を計算します。

EBITDA倍率とは、EVがEBITDAの何倍かを表す指標です。

EVとは、株式価値に有利子負債を足した上で、そこから現預金を差し引いた金額です。

  • EV = 株式価値 + 有利子負債 − 現預金

EBITDA倍率は、EVをEBITDAで割ることで計算できます。

  • EBITDA倍率 = EV ÷ EBITDA

たとえばEVが1億円、EBITDAが1,000万円ならば、EBITDA倍率は10倍となります。

手順②:類似企業のEBITDA倍率を自社のEBITDAにかけることでEVを計算

次に、類似企業のEBITDA倍率を自社のEBITDAに掛け合わせることで、自社のEVを計算します。

  • EV(自社) = 自社のEBITDA × 類似企業のEBITDA倍率

たとえば、自社のEBITDAが2,000万円、類似企業のEBITDA倍率が10倍ならば、自社のEVは2億円となります。

手順③:EVに現預金を足し、そこから有利子負債を引いて「株式価値」を計算

最後に、算出したEVに現預金を足し、そこから有利子負債を引くことで株式価値を計算すれば完了です。

  • 株式価値 = EV + 現預金 − 有利子負債

たとえばEVが2億円、現預金が3,000万円、有利子負債が1億円の場合、株式価値は1億3,000万円となります。

マーケットアプローチのまとめ

M&Aや相続はもちろん、株式投資など、あらゆる場面で企業価値や株式価値の計算は活用されています。

そんな株式・企業価値を客観的な観点から算出できる点で、マーケットアプローチはとても役に立ちます。

ご自身でビジネスや投資を行っている方は、ぜひマーケットアプローチを活用してみてください。

関連記事

株式価値は、企業価値から負債価値を差し引いた部分の価値です。やや語弊はありますが、要は株主(経営者や投資家など)が頑張ることで生み出される企業の価値を表します。株式価値は、M&Aや株式投資など、あらゆる場面で役に立つ指標です[…]

最新情報をチェックしよう!