マーケティングの4Pとは?事例や4Cとの関係性も徹底解説!

マーケティングの4Pは、数あるマーケティング理論やフレームワークの中でも特に有名で基礎的なものです。

基礎的なものとはいえ、マーケティングの4Pの考え方は、新規事業の立ち上げやマーケティング戦略を考える際にとても有用です。

今回の記事では、そんなマーケティングの4Pの意味や考えるときのポイント、発展形である4Cとの関連性について解説します。

マーケティングの4Pとは?

そもそも一体、マーケティングの4Pとは一体何でしょうか?

この章では、マーケティングの初学者に向けて、マーケティングの4Pについて最低限知っておくべき知識をお伝えします。

マーケティングの4Pの意味

マーケティングの4Pとは、「Product(製品)」、「Price(価格)」、「Place(チャネル・物流)」、「Promotion(販売促進)」であり、企業がマーケティング活動を行う上で最も重要な4つの要素を意味します。

4つの要素を英単語で表すと全てアルファベットのPから始まっているため、「マーケティングの4P」と呼ばれているのです。

マーケティングプロセスと4Pの関係性

マーケティングの4Pは、一体どのような場面で役立てることができるのでしょうか?

マーケティングの4Pを役立てるには、マーケティングを実施するプロセスについて理解が必要です。

アメリカ合衆国の経営学者Pコトラー氏は、マーケティングのプロセスを下記の通り定義しています。

  1. 市場機会の分析
  2. 標的市場の選定(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングの実施)
  3. マーケティングの具体的な戦略・施策の策定
  4. マーケティング活動の実施

簡単にいうと、「ビジネスを始める分野を決める」→「自社にとって最適な顧客層と売り出し方を決める」→「販売する製品や価格、販売方法などを具体的に決める」→「決めたことを実施する」という流れでマーケティング活動は行われます。

上記プロセスのうちマーケティングの4Pは、3つ目のプロセス(マーケティンングの具体的な戦略・施策の策定)で役に立ちます。

いきなりマーケティングの戦略や施策を考えろと言われても、何からどのように決めれば良いか分からなくなります。

そこで役に立つのがマーケティングの4Pです。

マーケティングの4Pは、マーケティング戦略・施策の策定で考えるべき要素を4つに絞ったフレームワークです。

このフレームワークを使えば、「Product(製品)」、「Price(価格)」、「Place(チャネル・物流)」、「Promotion(販売促進)」の観点から、わかりやすく精度の高い戦略や施策を策定できます。

4つの要素のみを集中して検討すれば良いため、効率的にマーケティングの戦略や施策を考えられます。

ターゲットとしたい市場や自社の立ち位置を決めたら、ぜひマーケティングの4Pを活かしてマーケティングの戦略を策定してみてください。

関連記事

商品やサービスを新しく販売する際、その商品やサービスを誰にどうやって販売すべきかは重点的に考えなくてはいけません。消費者のニーズが多様化している昨今、ただ自社の売りたいものを手当たり次第に売っていては、会社経営を継続できるだけの利益は得[…]

ターゲットマーケティング

「4つのP」の意味とポイント

マーケティングの4Pにおいて、4つのPはそれぞれ何を意味するのでしょうか?

また、各要素についてどのように戦略や施策を構築すべきなのでしょうか?

この章では、マーケティングの4Pについて、それぞれの意味と考えるときのポイントをわかりやすく解説します。

Product(製品)

マーケティングの4PにおけるProduct(製品)の意味と検討事項

Product(製品)とは、顧客に対して売り出す商品やサービス自体を意味します。

顧客に売り出す製品については、下記の事項を検討します。

・品質

・性能(機能)

・デザイン(色合い)

・パッケージ

・ブランド

アフターサービス

・保証

Product(製品)を検討するポイント

Product(商品)を考える際には、自社視点ではなく顧客視点を持つのが重要となります。

単に性能やデザインが良い商品を作るのではなく、顧客のニーズを満たし、明確な価値を与えるような製品を作らなくてはいけません。

そのためには、顧客が表面的に出しているニーズだけでなく、顧客自身も気づいていない潜在的なニーズを汲み取るのも大事です。

顧客の持つ潜在的なニーズを踏まえた商品開発には、ジョブ理論の考え方が役に立ちます。

関連記事

ビジネスで成功するには、顧客の持つ真のニーズを把握し、そのニーズを満たす商品やサービスを提供する必要があります。しかしアンケートやインタビューなどで得られる顧客のニーズは、実は真の意味でのニーズではないケースが大半です。というのも、[…]

ジョブ理論

Price(価格)

マーケティングの4PにおけるPrice(価格)の意味と検討事項

Price(価格)とは、顧客に販売する商品やサービスの価格を意味します。

価格に関しては、以下の事項を検討しましょう。

・価格設定の方法

・価格を変更する理由と時期

・値入れ率(価格のうち利益の占める割合)

・値下げや割引の有無

Price(価格)を検討するポイント

価格の検討では、価格設定の明確な軸を持つことが重要です。

価格設定の方法には、一定の利益を得る形で設定する「コスト志向」、顧客の需要に応じて価格設定する「需要志向」、他社の価格を参考にする「競争志向」などがあります。

重要なのは、自社の製品(サービス)や経営資源、競合企業や顧客といった外部環境などあらゆる側面を分析し、最適な価格設定の軸を見いだすことです。

例えば顧客志向で価格設定する場合は、自社製品と類似する商品の価格を調べたり、顧客の行動観察やアンケートにより、需要の強さに合う価格設定を行う必要があります。

関連記事

製品やサービスを販売する際、経営者やマーケティング担当者の方の頭を悩ませるのが「価格設定の方法」かと思います。製品やサービスの価格をどのように設定するかによって、売上高や販売数が大きく変動する可能性は十分に考えられます。「たった100円[…]

Place(チャネル・物流)

マーケティングの4PにおけるPlace(チャネル・物流)の意味と検討事項

Place(チャネル・物流)とは、製品を製造してから販売に至るまでのプロセス(流通経路)や、実際に商品を販売する場所を意味します。

具体的には下記事項を検討します。

・流通経路

・流通業者

・倉庫の数や立地

・製品の輸送手段

・販売場所(店舗の立地)

・店舗数

Place(チャネル・物流)を検討するポイント

マーケティングの4Pのうち、チャネル・物流については「ターゲット顧客に対して最も効率的、かつ最も受け入れられる形で提供する」ことを検討しましょう。

製品やサービスの種類が変われば、利用する顧客の購入方法や購入場所も変わります。

例えばレトルトの食料品であれば、ターゲット顧客は主に主婦層となり、購入場所は住宅街や好立地な場所にあるスーパーやコンビニとなります。

一方で若者がターゲットの商品だと、馴染みがあって便利なECサイト(インターネット)で販売した方が効率的かもしれません。

ターゲットの属性に応じて、最適なチャネルや販売経路を考えられるかが、マーケティングの4Pの成功を左右します。

Promotion(販売促進)

マーケティングの4PにおけるPromotion(販売促進)の意味と検討事項

Promotion(販売促進)とは、製品やサービスの存在や魅力を顧客に認知してもらうための活動全般を意味します。

マーケティングの4Pにおける販売促進では、下記項目を検討する必要があります。

・広告の目的(認知度向上や再購買の促進など)

・広告媒体(インターネットや新聞など)

・広告の表現方法(魅力的な文章やイラストなど)

・広告の予算

・広告の効果を測定する方法

・販売員の人数

・販売員の教育訓練

・販売員の業績評価

・その他販売促進につながる活動(プレミアムやノベルティの導入など)

Promotion(販売促進)を検討するポイント

Place(チャネル・物流)と同様に、販売促進に関してもターゲット顧客に対して最も効率的、かつ最も馴染みのある方法で商品を知ってもらう」ことが一番重要です。

例えばインターネット(Webサイト)を普段からよく使う顧客に対してはネット広告に重点を置き、実店舗で購入する顧客に対しては販売員の教育訓練に重点を置くのが効果的です。

また販売促進は数字で結果が現れやすい部分ですので、しっかりと結果を分析する方法やツールを準備するのも大事です。

数字で結果を把握することで、施策の改善や再検討を効率的に行えます。

関連記事

「トリプルメディア」という概念は、インターネットが普及した昨今、マーケティング戦略においてとても重要となっています。この記事を読んでトリプルメディアの特徴や効果を知れば、マーケティング戦略の効果を高められるかも知れません!そこで今回[…]

マーケティングの4Pと4Cの違い

マーケティング理論の中でも特に有名なマーケティングの4Pですが、このフレームワークと似たものに「マーケティングの4C」というものがあります。

この章では、マーケティングの4Pとマーケティングの4Cの違いや関係性をわかりやすくお伝えします。

マーケティングの4Cとは?

マーケティングの4Cとは、「Customer Value(顧客にとっての価値)」、「Cost(費用)」、「Convenience(利便性)」、「Communication(コミュニケーション)」であり、マーケィングの4Pを消費者視点に置き換えたフレームワークです。

マーケティングの4Pと4Cの関連性は以下のようになっています。

4P(企業視点)4C(顧客視点)4Pと4Cの関係性
Product(製品)Customer Value(顧客にとっての価値)顧客から見ると製品は、悩みの解決やニーズを満たす価値を与えるものである
Price(価格)Cost(費用)顧客から見ると価格は、商品やサービスを利用するために支払う費用である
Place(チャネル・物流)Convenience(利便性)顧客から見てチャネル・物流は、商品の利用のしやすさである
Promotion(販売促進)Communication(コミュニケーション)顧客から見て企業が行う販売促進は、企業と顧客の間のコミュニケーションである

マーケティングの4Pと比べて4Cは、より消費者の視点に立ってマーケティングの戦略や施策を考えることができるフレームワークです。

4Pと4Cの融合で自社と顧客双方の視点から質の高いマーケティング施策を立案できる

マーケティングの4Pが自社の経営戦略や経営資源を中心としたフレームワークである一方で、4Cでは消費者の視点に立って最適なマーケティング施策を考えます。

前述した通り、マーケティングの4Pを使う場合でも、意識して顧客視点を持つことはできます。

しかしあくまで自社視点のフレームワークなので、顧客視点を持とうと意識しても不十分となる可能性があります。

しかし4Cの視点を持てば、最初から消費者側の視点からマーケティング施策を考えるため、より顧客志向のマーケティングを実現できます。

マーケティングの4Pと4Cの両方の視点を持つことで、自社の強みと顧客視点の両方を活かした戦略や施策を立てられるようになります。

関連記事

「マーケットインって100%正しいとは言い切れないのでは?」いろんな企業の事例やビジネス本を読むにつれて、自分の中でこんな疑問が生じてきました。ビジネスに携わる方の多くは、「マーケットインの思考に立って商品やサービスを作るのが大事で[…]

マーケティングの4Pのまとめ

マーケティングの4Pは、マーケティング活動で特に重要な「製品」、「価格」、「チャネル・物流」、「販売促進」の観点から、効率的に質の高いマーケティング戦略を策定できるフレームワークです。

マーケティングの4Pを使って戦略を考える際は、自社の強みや経営戦略のみならず、顧客の視点に立つことも重要です。

顧客視点に立ったマーケティング戦略を考える際には、マーケティングの4Pに加えて4Cの思考も取り入れると良いでしょう。

今後新しくビジネスを始める際や、会社内でマーケティングに携わる方は、ぜひマーケティングの4Pと4Cを活用してみてください!

最新情報をチェックしよう!