ポートフォリオ効果とは?相関係数との関係もわかりやすく解説!

今回の記事では、投資において重要な概念である「ポートフォリオ効果」の意味や相関係数との関係などをわかりやすく解説します。

ポートフォリオ効果を知っておけば、リスクを抑えた上で投資で利益を得られる可能性があります。

またポートフォリオ効果の概念は、自身で会社を経営する際にも役に立つことでしょう。

投資やビジネスを行なっている、または今後行いたい方は必見です!

ポートフォリオ効果とは

ポートフォリオ効果とは、価格の動き方が異なる証券を複数持つことで、安定的にリターンを得られるようになる(≒リスクが低減する)効果です。

価格の動き方が異なるとは、たとえば円安によりA証券の株価が上がったらB証券の株価は下落し、A証券の株価が下がったらB証券の株価は上がる感じです。

ポートフォリオ効果をより詳しく確認するために、単純化した二つの例を見てみましょう。

例1)二つの証券がまったく同じ値動きを示すケース

前提条件

  • 投資金額:1,000万円
  • 投資比率:A証券50%、B証券50%
  • A証券の収益率:円高時は10%、円安時は5%
  • B証券の収益率:円高時は10%、円安時は5%

以上の例を基に、円高時と円安時それぞれのポートフォリオ全体の収益を計算してみましょう。

  • 円高時

500万円×10% + 500万円×10% = 100万円

  • 円安時

500万円×5% + 500万円×5% = 50万円

以上のように、円高時は100万円の収益を得られる一方で、円安時は半分の50万円しか収益を得られません。

近い値動きをする証券を組み合わせたポートフォリオであるほど、状況が異なる場合の収益に大きな差が生じます。

例2)二つの証券がまったく異なる値動きを示すケース

前提条件

  • 投資金額:1,000万円
  • 投資比率:A証券50%、B証券50%
  • A証券の収益率:円高時は10%、円安時は5%
  • B証券の収益率:円高時は5%、円安時は10%

見ればわかるように、B証券の収益率を逆にしただけです。

果たして、たったこれだけの条件変化で計算結果は変わってくるのでしょうか?

  • 円高時

500万円×10% + 500万円×5% = 75万円

  • 円安時

500万円×5% + 500万円×10% = 75万円

驚くべきことに、B証券の収益率を変えたことで、円高か円安かに関係なくポートフォリオの収益額は75万円で一定となります。

このように異なる値動きをする証券を組み合わせることで、状況ごとの収益のばらつきを小さくできます。

たくさんの利益を得るには収益のばらつき(リスク)をある程度許容する必要がありますが、莫大な金銭的損失をこうむる可能性があります。

一方で値動きの異なる株式を組み合わせれば、大きく稼ぐのは難しくても、ローリスクで安定的に収益を得られるようになります。

ここで説明した話がちょっと難しく感じた方は、下記記事を参照してみてください。

関連記事

突然ですが皆さんは、株式や不動産への投資をやっていますか?どの資産に投資するかを判断するとき、単純な好き嫌いや経営戦略、市場の成長性など、様々な評価基準があります。この記事では、投資の評価基準の一種「期待収益率」にフォーカスします。[…]

逆に、「ポートフォリオ効果って簡単だからすぐにマスターできた」という方は、実際に株式投資を行って実戦で理論を活用してみましょう。

株式投資の口座は、DMM.com証券のような手数料が安いところで開設するのがおすすめです。

起業や既存事業の拡大で資金調達が必要となったら、下記のサイトでどのくらい資金調達できるか確認してみましょう!

【資金調達プロ】事業資金調達の10秒カンタン無料診断はコチラ

最新情報をチェックしよう!