中小企業診断士クラゲの経営学・マーケティングラボ

中小企業診断士の資格や新規事業の経験を持つクラゲが、経営学やマーケティングをゆるく分かりやすく伝えます。

PPM分析とは?PPM分析のやり方や目的をわかりやすく解説!

PPM分析

多角化している企業にとって、どの分野に対して重点的に経営資源を投入すべきかを考える事は、避けて通れない課題です。

重視すべき事業には重点的に経営資源を投入し、そうでない場合には撤退したり事業規模を大幅に縮小する必要があります。

「どの事業に、どれくらいの経営資源を投入するのか」を考える上では、PPM分析と呼ばれる手法が役立ちます。

今回はPPM分析の意味や目的、やり方、PPM分析から分かる多角化戦略などをご紹介します。

PPM分析とは?PPM分析の目的

PPM分析とは、「市場の成長率」と「相対的なシェア(占有率)」を基に、事業ごとに取るべき経営戦略を考える手法です。

世界的なコンサルティングファーム「ボストン・コンサルティング・グループ」が発案したPPM分析は、事業ポートフォリオの中で経営資源を最適に配分する目的で活用します。

単一事業を営む場合でも、その分野から撤退すべきか否か判断する際に役立つでしょう。

PPM分析では「重要な事業には積極的に投資し、利益の得られない事業は縮小または撤退する」という結論を出します。そのため、限りある経営資源を無駄なく配分できる訳です。 

PPM分析においては、市場成長率と自社のシェア率(相対的シェア)を基に、各事業を「問題児」、「花形」、「金のなる木」、「負け犬」の4つに大別します。

事業を4つの象限に大別したら、それぞれどのような戦略を取るべきか検討していきます。 

www.bizkurage.com

ポジション別の概要と取るべき戦略【PPM分析のやり方】

PPM分析では、市場の成長性と相対シェア(占有率)から、4つのポジションに事業を仕分けして、それぞれについて取るべき戦略を考えていきます。

①問題児

PPM分析における問題児とは、市場成長率は高いが自社の相対シェアは低いビジネスを指します。

簡単にいうと、市場自体は成長しているにも関わらず、自社は儲かっていない状態です。一般的に始めたばかりの新規事業は、問題児に該当するでしょう。

市場自体は成長しているので、自社の努力次第で相対シェアを高める(花形に移行する)事ができます。

問題児に該当する事業については、花形に移行する(相対シェアを高める)戦略が一般的には有効です。

相対シェアを高める為に多額の投資が必要となる一方で、花形に移行するまでは得られる利益は少ないです。

問題児に該当するビジネスは、キャッシュイン(収益)が少ない一方でキャッシュアウトは多い(費用)ため、自社にとっては最も損失が大きくなる傾向があります。

とはいえ相対シェアを高めれば花形に移行できる為、多額の投資を費やしてでも事業を成長させる必要があるといえます。

広告宣伝費や設備投資を惜しまず、花形に移行できる可能性を少しでも高めるの事が、問題児のビジネスにおいて重要になります。

②花形

PPM分析における花形とは、市場成長率と相対シェアが共に高い事業を指します。

簡単にいうと、成長している市場で十分な市場シェア(収益)を得られているビジネスです。

今でいえばAIに関連した市場で十分な市場シェアを獲得している企業(事業)は、花形事業であるといえます。

花形に該当する事業については、より多くの収益を得る為に投資規模を拡大しつつ、金のなる木への移行を図る戦略が有効です。

花形事業は十分な市場シェアを維持している為、キャッシュイン(収益)はとても多いです。しかし市場の成長率も高いので、競争に勝つ(市場シェアを維持・拡大)ために多額のキャッシュアウト(費用)が発生します。

とはいえ一般的には利益を得られるビジネスであるため、積極的に投資を行い、事業規模を拡大するのが重要です。

また花形事業については、市場の成長が鈍化するまで事業規模を維持させるのも大事です。

実は花形事業よりも、成長性が鈍化した市場で相対シェアが高いビジネス(金のなる木)の方が、手元に残る利益は多いです。

そのため積極的に収益(利益)を得るのと同時に、金のなる木に移行するために市場での競争に勝つ事も大事になってきます。

「問題児の事業以上に経営資源を多く投下して、市場での競争に勝ち抜く」ことが、花形事業における最重要課題であるといえます。

③金のなる木

PPM分析における金のなる木とは、市場成長率が低いものの相対シェアが高い事業を指します。

簡単にいうと、市場の競争は緩やかになっているものの、市場で確固たる地位を築いて利益を得られているビジネスです。

金のなる木に該当する事業については、既存顧客を対象とした施策による利益の最大化を目指す戦略が有効です。

金のなる木に該当する事業は、相対シェアが高いため十分な利益を得られます。一方で市場の成長率が鈍化し競合他社が少ないため、設備投資などに費用をかけなくても市場での地位を維持できます。

キャッシュアウト(費用)が少ない一方でキャッシュイン(収益)は多いため、「金のなる木」という名前の通り、4つのポジションの中で最も利益を得られます。

金のなる木に該当する事業については、既存顧客を対象に、顧客単価の向上やリピート率の向上を目指したマーケティング施策を講じるのが有効です。

新規顧客の獲得と比べて既存顧客の維持は費用がかからないため、成功すれば高利益率のビジネスモデルを確立できるでしょう。 

④負け犬

PPM分析における負け犬とは、市場成長率と相対シェアが共に低い事業を指します。

簡単にいうと、市場の将来性がない上に、自社の相対シェアも低く現時点で十分な利益を得られていない事業です。

現時点も将来も利益を得られる見込みがないので、基本的には撤退を検討します。

例えばスマホが普及している現在、ガラケーの製造ビジネスは負け犬に該当すると思われます。

ただし負け犬事業はキャッシュインとキャッシュアウト共に低いため、場合によっては多少の利益を得られる可能性はあります。

他のビジネスとのシナジー効果があったり、撤退するのに多額な費用がかかるなど、撤退できない理由がある場合には、最小限まで投資額を抑えつつ、少しでも多くの利益を得られるように施策を講じるのも一つの手です。

PPM分析から分かる企業の最適な多角化戦略

PPM分析を応用すれば、多角化している企業がどのように経営資源を各事業に投入すれば良いかの指針を得られます。

ここでは、PPM分析からわかる最適な多角化戦略を考えてみようと思います。

先ほどお伝えした通り、「金のなる木」に該当する事業が会社にとって最も稼ぎ頭となります。そのため、金のなる木に該当するビジネスばかり持っているのが最適な状態であると思うかもしれません。

しかし実は、金のなる木ばかり持っていると、後々業績が大幅に悪化する恐れがあります。

確かに金のなる木は稼ぎ頭ではあるものの、市場自体が衰退した場合は市場シェア関係なしに利益を得られなくなります。

技術の進歩が急速に進んでいる昨今、いつどの市場が時代遅れになるかは誰にもわかりません。

極端な話スマホの完全上位互換とも言えるデバイスが発売されれば、スマホに関連した事業は廃れてしまう恐れがあります。

どれほど美味しい果実がなっている木であっても、いずれは枯れてしまいます。それと同様に金のなる木も、「カネ」という果実がならなくなり、木自体が枯れてしまう時期はいずれ訪れます。

 

全ての事業が金のなる木では上記の事態で業績が悪化するため、問題児や花形に該当するビジネスを保有しておくのも大事です。

金のなる木で得た資金を問題児や花形に投入し、将来的な金のなる木を育てることで、リスクの回避を目指すのが理想です。

もっと直接的にいうと、「収益源のビジネスで得た資金を用いて、多角化をさらに進めていきましょう」という事です。

必ずしも多角化がメリットばかりという訳ではありませんが、リスクを分散しつつ将来の稼ぎ頭を確保する上で、多角化はメリットの大きい戦略です。

多角化について詳しく知りたい場合は、以下の記事をご参照にしてみてください。

business-kurage.hatenablog.com

PPM分析を使った経営戦略策定のやり方を事例で解説!

PPM分析を使って経営戦略を見直すやり方について、事例を使ってわかりやすく解説しようと思います。

なお今回は、架空のX社を使ってPPM分析を進めます。

事例)X社の行う事業ポートフォリオを「問題児」、「花形」、「金のなる木」、「負け犬」の4つに分類すると次のようになった。

  • 問題児:なし
  • 花形:外国人向け観光事業
  • 金のなる木:健康食品の通信販売
  • 負け犬:台所用製品の製造

まず花形に分類される「外国人向け観光事業」に関しては、市場の成長率と相対的な市場占有率がともに高いため、積極的にマーケティング活動を行うなどして、事業規模を維持・拡大する戦略が有効です。

一方で金のなる木である「健康食品の通信販売」については、既存顧客に向けたマーケティング施策を重視し、必要以上に資金を投入しすぎないように注意する必要があります。

そして負け犬に分類される「台所用製品の製造」に関しては、このまま続けても将来性がないので、基本的には撤退を検討します。ただしほとんどコストをかけずとも多少の利益を得られているのであれば、引き続き事業を続ける選択肢もアリでしょう。

以上のようにPPM分析を活用すると、「どの分野に重点を置くべきか」を見極めることができます。

やり方を覚えるには実際に使ってみるのが一番なので、自社の事業をPPM分析に基づいて分類してみてみましょう!

PPM分析をさらに詳しく知りたい方は 

PPM分析をさらに詳しく知りたい方は、「戦略分析ケースブック Vol.2」という本で勉強するのがオススメです!

この本では、PPM分析を使って実際に企業を分析した事例がいくつか紹介されています。実際の事例を見ながら学習できるため、PPM分析をどのように活用するのかを理解しやすくなります。

またPPM分析以外にも、5フォースモデルなど他の手法も紹介されているため、経営戦略を網羅的に学習する目的にも適しています。

PPM分析や経営戦略に興味のある方は、是非とも読んでみてください!

 

PPM分析のまとめ

この記事では、PPM分析とは何なのかを、行う目的や具体例、やり方を交えつつご紹介しました。

PPM分析を使いこなせれば、複数の事業間で効率的に経営資源をマネジメントできます。

また、どの分野に資金を投資するのが最適かを見極めることにも役立ちます。

PPM分析は、多角化を目指す企業にはとても有用なフレームワークなので、ぜひ活用してみてください!