損益計算書とは?カンタンな見方を徹底解説!

企業の一定期間の収支状況は、「損益計算書」と呼ばれる財務諸表に記録されます。

したがって、「どのくらい稼いでいるか」とか「費用に無駄がないか」などを確認するには損益計算書の見方を知っている必要があります。

そこで今回は、損益計算書の基本的な見方についてわかりやすく解説します。

経営者や個人事業主、投資家の方は必見です!

損益計算書とは?損益計算書では何がわかる?

損益計算書とは、一定期間(1事業年度)における企業の経営成績(収支)を表す財務諸表です。

利益(profit)と損失(loss)を表すことから、P/L(profit and loss statement)とも呼ばれます。

損益計算書には、「勘定式」と「報告式」の2種類あります。

勘定式は費用を左側(借方)、収益を右側(貸方)に記載する方式の損益計算書であり、報告式は上から順番に収益や費用、利益を記載する方式の損益計算書です。

今回の記事では、下記形式のような「報告式」について詳しくご説明します。

損益計算書
売上高〇〇
売上原価△△
売上総利益○〇
販売費および一般管理費△△
営業利益○〇
営業外収益△△
営業外費用△△
経常利益○〇
特別利益△△
特別損失△△
税引前当期純利益○〇
法人税等△△
当期純利益○〇

損益計算書に記載された収益や費用、利益を確認すればその企業の収益性を見極めることができます。

「どれだけの費用を使って、どのくらいの収益や利益を生み出せたか」を判断できるため、貸借対照表と同様にとくに重要な財務諸表です。

関連記事

ご自身でビジネスを経営している方であれば、貸借対照表を一度は目にしたことがあると思います。確定申告で必要となるため、ご自身で貸借対照表を作成した経験がある方も多いでしょう。しかし作成方法は知っていても、貸借対照表の見方はいまいち理解[…]

5種類の利益の見方

損益計算書には、「売上総利益」、「営業利益」、「経常利益」、「税引前当期純利益」、「当期純利益」という5つの利益が記載されています。

5つの利益が何を意味するかを理解し、損益計算書をより詳しく分析できるようになりましょう。

売上総利益

売上総利益は、自社が販売している商品やサービスの付加価値を表す利益です。

売上総利益は、売上高から商品や原材料などの仕入れに要した売上原価を差し引くことで計算できます。

売上総利益 = 売上高 − 売上原価

営業利益

営業利益は、商品やサービスの販売(本業)で得られた利益を表します。

営業利益は、売上総利益から宣伝広告費や人件費といった商品・サービスの販売に必要な費用(販売費および一般管理費)を引くことで計算します。

営業利益 = 売上総利益 − 販売費および一般管理費

経常利益

経常利益は、他社への貸し付けなども含めた、経営活動全般で得られた利益です。

経常利益は、営業利益に営業外収益(受け取り利息など)を足した上で、そこから借入金の支払利息などの営業外費用を差し引くことで計算します。

経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 − 営業外費用

税引前当期純利益

税引前当期純利益とは、法人税などの税金を引く前に手元に残る利益です。

税引前当期純利益は、経常利益に臨時的に得られた特別利益(固定資産売却益など)を足し合わせ、そこから臨時的な支出である特別損失(固定資産売却損など)を差し引いて計算します。

税引前純利益 = 経常利益 + 特別利益 − 特別損失

当期純利益

当期純利益とは、手元に残る最終的な利益です。

当期純利益は、税引前当期純利益から法人税や法人事業税などの税金を引くことで計算します。

当期純利益 = 税引前当期純利益 − 法人税等

損益計算書の全体を通した見方

利益や費用を単体で見るのではなく、損益計算書の全体を俯瞰した見方をマスターすれば、より的確かつ深く収益性を分析できます。

そこでこの章では、損益計算書の全体を通した2つの見方をご説明します。

当期純利益がプラスかどうか

最終的に企業が黒字かどうかは、当期純利益を見て判断します。

当期純利益が黒字であれば、そのお金を利益剰余金として企業の中に蓄積することで、万が一経営が困難になった際に備えることができます。

したがって、損益計算書では最優先で当期純利益がプラスかどうかを確認しましょう。

マイナスの場合は社内にあるキャッシュが減少する状態であるため、早急な対策が必要となります。

営業利益を重視する

損益計算書において、当期純利益の次に重要なのが営業利益です。

企業が長期的に経営を維持するには、商品やサービスの販売が順調でなくてはいけません。

他社からの利息や固定資産の売却益はその場しのぎの利益であり、本業が上手くいっていないといずれ経営難に陥るリスクが高いです。

したがって、会社経営の順調度(収益性)を確認するならば、営業利益を最も重視する必要があります。

営業利益がプラスならば、商品やサービスの販売が順調であるため稼ぐ力がある企業であると判断できます。

一方で営業利益がマイナスの場合は、商品やサービスの販売が上手くいっていないため、商品の改良やマーケティング施策の強化など、対策を講じなくてはいけません。

損益分岐点の見方は以上です。

さらに本格的に損益計算書を用いた分析を行う場合は、損益分岐点分析(CVP分析)をマスターすると良いでしょう。

関連記事

全4回にわたって「CVP分析をわかりやすく解説シリーズ」の記事を書いていますが、第3回となる今回は、いよいよCVP分析のメインテーマである「損益分岐点」について解説します。損益分岐点を理解できれば、「◯円の利益を得る場合には、どのくらいの[…]

損益計算書の見方まとめ

今回の記事では、損益計算書の基本的な見方を解説しました。

損益計算書の見方を基本的な部分だけでも知っておけば、自社や投資先の収益性を正確に判断できるでしょう。

自社や投資先の経営を分析する際は、今回紹介した損益計算書の見方を活用していただければ幸いです。

最新情報をチェックしよう!