ローリングプランとは?具体例を交えつつ解説!

人口の変化や技術の進歩など、企業の経営に影響を与える要因は数多く存在します。

そのような環境の変化が生じると、従来の計画や戦略が効果的でなくなる恐れがあります。

自社を取り巻く環境変化に対応する方法として、ローリングプランがあります。

ローリングプランは、JALや商船三井などの大手企業も実践している経営管理の手法です。

この記事では、そんなローリングプランの意味やメリットなどを解説します。

ローリングプランの意味

ローリングプランとは、中期〜長期計画の内容を周期的に見直して、部分的に改良を加える技法を意味します。

もしくは部分的に改良を加えた経営計画自体を、ローリングプランと呼ぶこともあります。

会社を経営するに際しては、今後「誰が」「いつ」「何を」を行うかを特定する目的で、今後2〜5年ほどの経営計画を策定します。

そして策定した経営計画に基づいて、PDCAサイクルを回すことで計画通りに行動できているかの進捗管理を行います。

一般的な企業では上記のプロセスで経営管理を進めますが、必ずしも計画通りに進むとは限りません。

技術の進歩や経済のグローバル化などの影響で、近年は企業を取り巻く環境の変化が激しくなっています。

それに伴い、あらかじめ策定した経営計画が通用しなくなる恐れがあります。

環境の変化に対応するためには、ローリングプランの実施(計画の修正)を行う必要があるのです。  

ローリングプランを立てるメリット

ローリングプランの技法を導入すると、経営環境の変化に対応しやすくなります。

例えばある旅館が売上高を伸ばす目標を掲げ、近年増加している外国人観光客をターゲットとした施策を計画に盛り込んだとしましょう。

ですが不景気などの影響で仮に観光客が減少した場合、このままでは目標の売上高を達成できなくなる可能性が高くなります。

そこでターゲットとなる顧客を変えるなどの修正を施したローリングプランを策定します。

状況に適応したローリングプランの策定により、目標達成に向けて軌道修正を行えます。

つまりローリングプランを策定するメリットは、目標達成に向けて適宜軌道修正を行える点なのです。

最新情報をチェックしよう!