サービスマーケティングは7Pで考えよう!〜ディズニーの事例もご紹介〜

前回の記事では、サービスマーケティングの意味や、サービスの特性とサービスマーケティングで解決すべき課題についてご紹介しました。

今回の記事では、サービスマーケティングを進めていく上で役立つ「サービスマーケティングミックス」や「マーケティングの7P」などのフレームワークをご紹介しつつ、それを基にディズニーの成功要因を自分なりに分析してみようと思います。

今回ご紹介するサービスマーケティングのフレームワークを応用すれば、サービスの上手い売り出し方を考えられるようになるかもしれません!

なお今回の記事では、前回の記事でご紹介した情報を基に話を進めていきます。

ですので、サービスマーケティングについてあまりよく知らない方は、まず前編の記事をご覧になるのが良いかと思います!

関連記事

マーケティングの勉強をしている方であれば、「マーケティングミックス」や「マーケティングの4P」というフレームワークを一度は耳にしたことがあると思います。事業を進めていく上で有用なフレームワークではあるものの、実は形のある製品(ジュースや[…]

サービスマーケティングは「7P」で考えよう!〜マーケティングミックスの考え方〜

サービスマーケティングでは、自動車や飲料などの有形財に用いられる4Pではなく、以下の7Pでマーケティングミックス(マーケティング施策の組み合わせ)を考えていきます。

つまり簡単に言うと、以下に示す7つのPの観点からマーケティング施策を考えることで、サービスを上手に顧客に販売する(売り上げを伸ばす)ことが出来ます。

①Product(製品・サービス)

Productとは、自社が提供するサービスや製品を指します。

サービスマーケティングでは、どんなサービスを提供するのかを決める事を意味します。

②Price(価格)

Priceとは、サービスや製品の価格、提供するまでに要するコストを意味します。

サービスマーケティングでは、提供するサービスの価格や、サービスをお客さんに提供するまでに要する費用(人件費など)を決定することを指します。

③Prace(流通・チャネル)

Praceとは、サービスや製品を「どこで」「どのように」提供するのかを意味します。

サービスマーケティングでは、サービスを提供する際のチャネル(流通経路)や店舗の立地、サービスを提供する時間や手段などを決めていきます。

④Promotion(販売促進)

Promotionとは、PR活動などの販売促進活動を指します。

サービスマーケティングでは、サービスの魅力をどうやって魅力的に伝えるのかを考えていきます。

以上4つのP(4P)は、サービスだけでなく製品についても該当する要素です。

これ以降の要素は、サービスマーケティング独自のものになるので、注意してご確認ください。

なおサービスの魅力を伝える際には、メール配信システムが便利です。

下記リンク先の”ブラストメール”は7日間無料でお試しできるので、サービスマーケティングを行う方は検討してみてはいかがでしょうか?

⑤People(人)

Peopleとは、サービスをお客さんに提供する従業員や提携先の会社などを指します。

場合によっては、お客さん自身も含めるケースもあるようです。

サービスマーケティングを効果的に進める為には、お客さんを最大限満足させる様に、従業員教育を施したり、顧客対応の方針を定める施策が大切です。

⑥Process(提供過程)

Processとは、サービスをお客さんに提供するまでの流れを意味します。

お客さんに満足してもらえる様に、業務プロセスの効率化や待ち時間の短縮化などを実現するのが、サービスマーケティングにおいて重要となります。

⑦Physical evidence(物的証拠・環境要素)

Physical ecvidenceとは、サービスを受けるお客さんが感じる安心感や快適感など、五感で感じる要素を意味します。

安心感を与える為に契約書にてサービスの品質を保証したり、音楽やデザインによって快適感や贅沢感を顧客に与えるのが、サービスマーケティングの実施には不可欠です。

以上がサービスマーケティングを効果的に進める上で役立つ「7P」になります。

7Pの各要素に基づいてマーケティングミックス(施策)を考えれば、サービスの提供方法を考えやすくなるかと思います。

起業や既存事業の拡大で資金調達が必要となったら、下記のサイトでどのくらい資金調達できるか確認してみましょう!

【資金調達プロ】事業資金調達の10秒カンタン無料診断はコチラ

最新情報をチェックしよう!