【中小企業診断士】難しい経済学で合格点を取る勉強法と参考書を徹底解説

中小企業診断士の試験に合格するには、まずは一次試験の7科目で満遍なく点数を取らなくてはいけません。

中小企業診断士の一次試験を突破する上で、鬼門となるのが「経済学・経済政策」です。

今回の記事では、一次試験の科目の中でも難しいと言われる経済学について、勉強法やオススメの参考書を、独学で中小企業診断士に合格した立場からお伝えします。

中小企業診断士における経済学とは?

中小企業診断士の一次試験では7科目の試験が課され、そのうちの一つが「経済学」です。

正式には「経済学・経済政策」という名称ですが、ここでは「経済学」という名称で解説を進めます。

経済学の出題範囲

中小企業診断士の経済学で出題される範囲は、大きく「マクロ経済学」と「ミクロ経済学」に分けられます。

マクロ経済学では、一つの国内や国と国の間など、大きな視点で見た経済の仕組みが出題されます。

一方でミクロ経済学では、消費者や一企業など、小さな視点で見た経済の仕組みが出題されます。

中小企業診断士の経済学が難しいと言われる理由

一次試験の7科目の中でも、経済学は特に難しいと言われています。

中小企業診断士の経済学が難しいと言われる理由は、グラフの読み取りや計算問題が多く出題されるからです。

単純に用語や公式を理解しているだけでは、グラフの読み取りや計算問題で正答することは困難です。

用語や計算式を覚えるのはもちろん、覚えた知識を応用してグラフの読み取りや計算に対処できるようにトレーニングが必要です。

経済学で合格するにはテキスト(参考書)選びが非常に重要!

経済学で合格点を取るには、他の科目以上に参考書選びが重要となります。

この章では、中小企業診断士の経済学で合格点を取るための参考書選びについて解説します。

予備校のテキストは説明がやや不親切

中小企業診断士の科目を勉強する際には、予備校が出しているテキストや参考書を利用するのが一般的です。

予備校のテキストはよくできているため、他の科目では積極的に活用した方が良いと思います。

しかし経済学に限っていうと、予備校のテキストで勉強するのはオススメできません。

なぜなら、予備校のテキストは重要な要点を簡素にまとめすぎているからです。

経済学の試験で出題される分野は膨大な量となりますが、予備校のテキストでは膨大な出題分野をかなり簡略にまとめて作られています。

そのため、説明がやや不足する部分があったり、グラフの詳しい読み取り方などについては説明されていないことが多いです。

簡単な説明や公式のみを見て、本番の問題を解けるほど頭が良い方であれば問題ないでしょう。

そうでない限り、予備校のテキストを読むだけで問題を解く力をつけるのは困難です。

経済学をしっかり理解するなら「速習!マクロ(ミクロ)経済学」がおすすめ

中小企業診断士の経済学で合格点を取るには、詳しく網羅的に要点が説明されている「速習!マクロ(ミクロ)経済学」という参考書を活用するのがベストです。

こちらの参考書をお勧めする理由は二つあります。

一つ目の理由は、経済学の要点がグラフを使ってくわしく解説されている点です。

単純な用語や計算式の紹介に止まらず、一つ一つの経済理論について、なぜそのような結論になるのかをグラフや図表を使ってくわしく説明させています。

グラフや図表を使ってくわしく説明されているため、経済の仕組みを根本から理解できるようになります。

二つ目の理由は、Youtubeの無料講義を視聴しながら勉強できる点です。

「速習!マクロ(ミクロ)経済学」のテキストを購入した人は、参考書の内容をわかりやすく説明している講義をYoutubeで無料で視聴できます。

テキスト自体わかりやすく書かれていますが、動画ではよりくわしくかつわかりやすく説明されています。

実際に自分も動画を視聴したおかげで、本番では64点を取得できました。

予備校で受けるような講義を無料で受けられる点は、独学者にとっては魅力的なメリットです。

>>試験攻略入門塾 速習! ミクロ経済学 2nd edition (【試験攻略入門塾】)はこちら

中小企業診断士の経済学で合格点を取るための勉強法

ここでは、実際に中小企業診断士の経済学で合格点を取得した自分が実践した勉強法を解説します。

Step1:速習シリーズをミクロ・マクロ共に2周する

まず初めに、速習シリーズのマクロ経済学とミクロ経済学を購入し、それぞれ2周します。

速習シリーズを2周すれば、本試験で合格点を取れるだけの基礎力は十分身につきます。

テキストのみでも勉強できますが、Youtube動画講義を見ながら学習するのをオススメします。

動画講義を見ながら学習した方が、難しい論点も理解しやすくなります。

また、参考書に出てくるグラフは1〜2回ご自身の手で書いてみるのがオススメです。

自分で実際にグラフを書いてみることで、それぞれの経済原理に対する理解が深まりますし、本試験で問われる応用的な問題にも対処できるようになります。

Step2:TACのスピード問題集でアウトプットを繰り返す

参考書を2周して知識をインプットしたら、次は問題集を使ってアウトプットを徹底的に行います。

問題集には色々ありますが、オススメはTACのスピード問題集です。

TACのスピード問題集は本試験で頻出の問題を基に作られているため、効率的に重要な分野のアウトプットを積むことが可能です。

>>中小企業診断士 最速合格のための スピード問題集 (4) 経済学・経済政策 2020年度はこちら!

Step3:過去問演習と苦手分野の復習

スピード問題集でアウトプットを積み重ねたら、最後に過去問演習と苦手分野の復習を行います。

スピード問題集と比べて過去問のレベルは若干高いので、過去2〜3年分の過去問を解いてレベルに慣れる必要があります。

また、中小企業診断士の経済学で合格点を取るには、出題分野を満遍なく理解する必要があります。

経済学の試験は1問あたり4点なので、苦手分野があればあるほど、大きく点数を落としてしまいます。

過去問演習やスピード問題集を解く過程で見つかった苦手分野については、適宜参考書を復習するなどして克服しましょう。

関連記事

自分のことながら申し訳ないのですが、つい先日以前合格した「中小企業診断士」の登録証が届きました!独学で他のこと(大学や仕事)と並立しながらの受験だったのもあり、中々勉強できませんでしたが、受かったのでとても嬉しい気持ちに浸っております[…]

中小企業診断士の経済学に関するまとめ

今回お伝えした勉強法を実践すれば、数字やグラフに苦手な方でも経済学で合格点を十分狙えるでしょう。

ただし今回お伝えした内容だと、テキストの購入に多額の費用がかかる上に、動画の視聴とテキストの読み込み、問題演習などで多大な時間が必要となります。

時間がない方や費用をかけたくない方は、動画で気軽に学習できるスタディングも良さそうです。

スタディングなら、一次試験の全科目、二次試験の対策講座を48,900円から受講できます。

プロの講師によるわかりやすい講義を動画で視聴できるため、経済学に苦手意識を持つこともないでしょう。

無料でのお試しもできるので、独学で診断士を目指す方はこちらも検討してみるのも良いと思います。

=>「スタディング 中小企業診断士講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

最新情報をチェックしよう!