中小企業診断士クラゲの経営学・マーケティングラボ

中小企業診断士の資格や新規事業の経験を持つクラゲが、経営学やマーケティングをゆるく分かりやすく伝えます。

買回品とは?具体例や効果的に販売する方法を解説

買回品

私たち消費者が購入・使用する商品は消費財と呼ばれます。

消費財と一括りにしましたが、トイレットペーパーなどの日用品から高級ブランドの腕時計に至るまで、あらゆるものが消費財に含まれます。

そんな範囲が非常に広い消費財ですが、顧客の購買態度から「最寄品」「買回品」「専門品」「非探索品」の4つに分けて考えることが可能です。

それぞれの持つ特徴は大きく異なるため、商品の分類に応じて適切な方法で販売する必要があります。

この記事では、買回品の意味や特徴、最適な販売方法を具体例を交えながらお伝えします。

製品を仕入れて販売するビジネスを行う方に役立つ内容なので、ぜひ一読してください!

買回品とは?〜どのような意味や特徴を持つのか〜

まず最初に、買回品の意味と特徴を簡単にご説明します。

買回品の意味

買回品とは、消費者が購買に際して品質や価格などの比較に時間をかける製品を意味します。

さまざまな店舗を見て回って価格や品質を比べた上で購入することから、「買回品」と呼ばれます。

買回品の特徴

買回品には、以下に示す3つの特徴があります。

  • 購買頻度が低い
  • 計画的に購入される傾向が強い
  • 最寄品(日用品)よりも価格が高い

上記3つの特徴を満たしていれば、買回品と呼べます。

上記の特徴を持つため、買回品はスーパーやコンビニではなく、百貨店や郊外にある大型店舗などで販売されるケースが多いです。

買回品の具体例

買回品とは、先ほどお伝えした3つの特徴を持ち、品質や価格の比較に時間をかける製品を指します。

では具体的には、どのような商品が買回品に該当するのでしょうか?

大型家電

買回品の最たる例といえば、テレビや冷蔵庫などの大型家電です。

私たちは家電を購入するとき、基本的にはブランド間の値段や品質を慎重に比較して購入します。場合によっては、複数店舗の間で値段を比較する人もいたりします。

また家電の多くは数万円以上する高価格の商品であり、引越しなどのために計画的に購買されます。

衣料品

人によるかもしれませんが、衣料品も買回品の一例に含まれます。

例えば洋服を購入する際、多くの人はデザインや着心地を慎重に比較した上で購入します。水や洗剤を買うときのように、ほとんど何も考えずに購入することはないでしょう。

また数万円以上にのぼる衣料品もあり、この点も買回品の特徴を満たしています。

スマホ・パソコン

私たちの生活に欠かせないスマホやパソコンも、買回品の特徴を満たしています。

比較的高価である上に、デザインや品質を比較した上で購入しますよね。

特にこだわりがある方は、複数のブランド間で慎重に性能を比較するでしょう。 

買回品を効果的に販売する方法

買回品を販売する際には、商品の特性を踏まえた上で販売するのがポイントとなります。最寄品や専門品と同じように販売しては、売れるものも売れなくなる恐れがあります。

この章では、買回品を効果的に販売する方法を2つお伝えします。

広告や人的販売に力を入れる

お伝えしてきたように買回品は、価格や品質を慎重に比較検討された上で購買される商品です。

そのため広告や人的販売により、販売する商品の特徴や使用して得られるメリットなどを詳しく明確に伝える必要があります。

特に人的販売は、顧客からの質問に答えながら双方向的に商品の良さをアピールできる手段です。購入率を上げたいのであれば、優秀な販売員を活用して買回品を販売する施策が求められるでしょう。

品質に釣り合う価格を設定する

買回品は、品質や価格を総合的に比較検討した上で購買に至ります。

つまり消費者は、その商品から得られるメリットと費用を天秤にかけた上で購買の判断を行うわけです。

商品の価格が品質に見合わない(割高である)と判断すれば購買に至りませんし、その逆であれば購買に至ります。

買回品を販売する際は、品質(使用して得られるメリットなど)に見合う価格を設定しましょう。

買回品のまとめ

今回の記事では、買回品の意味や特徴、具体例、販売のポイントを解説しました。

大型家電やスマートフォンなどに代表される買回品は、計画的かつ慎重に購買されるという特徴を持ちます。

つまり消費者はノリやその場の突発的な感情よりも、商品の品質を慎重に比較検討した上で購買に至ります。

よって買回品を販売する際には、広告や人的販売により商品のメリット・デメリットや使い方などを詳細にわかりやすく伝える工夫がとても大事となります。

また価格設定を行うときは、品質に見合う妥当な価格をつける必要があります。

買回品に該当する商品を販売する際は、今回お伝えした内容を参考にしてくれると嬉しいです!