サブスクストアとは?料金や評判を中小企業診断士が徹底解説!

サブスクリプションとは、定額料金で、一定期間自由に商品やサービスを利用できる権利をユーザーに与えるビジネスモデルです。

サブスクリプションは、トヨタ自動車が始めたことでも最近話題となっています。

サブスクストアは、今注目のサブスクリプションビジネスを行う際に役立つツールです。

今回の記事では、サブスクストアの機能(できること)やメリット・デメリット、評判、そして利用料金について、中小企業の経営者や個人事業主の方に向けてわかりやすくお伝えします!

サブスクストアのより詳しいサービス内容については、無料で資料請求やお問い合わせできるそうです。

無料で行える資料請求やお問い合わせで、より詳しくサービスの中身を聞くのも良いと思います。

サブスクストアとは?

サブスクストアとは、テモナ株式会社が運営しているサブスクリプションビジネスの実施に特化したクラウド型システムです。

文字通りサブスクストアは、サブスクリプションビジネスに不可欠な下記の要素を一元的に管理・実践できるツールとなっています。

・商品の販売

・顧客データの管理

・受注(入金)の管理

・在庫や出荷の管理

・販売促進

・広告の運用と管理

・データの集計と分析

つまりサブスクストアと商品(サービス)さえあれば、本格的なサブスクリプションビジネスを行えるのです。

ECサイトなどの通信販売はもちろん、卸売業などのB2Bビジネス、商品の実物がないビジネス(美容室のサービスなど)など、あらゆるビジネスでサブスクストアは活用できるツールです。

サブスクストアの機能

サブスクストアは、主に9つの機能を搭載しています。

この章では、サブスクストアが搭載している9つの機能をお伝えします。

商品管理

サブスクストアでは、商品の価格設定や配送方法など、ビジネスを行う上で基礎となる部分を細かく柔軟に設定することができます。

また、複数の商品を組み合わせて販売することも可能です。

顧客管理

サブスクストアには、顧客の名前やメールアドレス、電話番号などの重要情報を一目で把握できるカルテ機能が搭載されています。

このカルテ機能を最大限活用することで、顧客データの管理に費やす労力を削減できます。

また、顧客ごとのニーズに対応しやすくなるため、顧客の固定客化や長期的な売り上げ増加効果も見込めます。

効率的かつ精度の高い顧客管理を実現できるため、サブスクストアはリレーションシップマーケティングとも相性が良いツールと言えます。

関連記事

少子高齢化や製品ライフサイクル(一つの製品が市場で生き残れる期間)の短縮化など、日本の企業を取り巻く環境はますます悪化しています。ただでさえ人口減少により顧客を獲得しにくくなっているのに、ようやく商品やサービスを開発して売り出しても、す[…]

受注管理

サブスクストアは、サブスクリプションビジネスでもっとも重要な「受注管理」の機能が豊富です。

具体的には、定期注文や決済を自動化する機能が標準実装されています。

定期注文や決済を手作業で行うと、抜け漏れなどのミスが発生したり、忙しくて手が回らなくなるケースがあります。

しかしサブスクストアでは自動化するため、ミスを防止できる上に、受注管理に要する労力を大幅に削減できます。

問い合わせ管理

サブスクストアでは、顧客からの問い合わせも一目で分かるように一元管理できます。

手作業で管理する場合と異なり問い合わせを見逃すことがないため、顧客からの信用を失う心配もありません。

また、お問い合わせを顧客の属性や内容ごとに確認できるため、一人一人の顧客に対してスピーディーできめ細やかに対応できるようになります。

出荷管理

商品の出荷情報を一目で把握できる機能も搭載されています。

またサブスクストアに特有の機能として、購入回数や購入物に応じて同梱物を柔軟に設定することができます。

たとえば、「5回ごとに商品カタログやノベルティなどを送付する」といったことが可能です。

同梱物を定期的に送付することで、顧客の満足度向上や、根強いファンの獲得といった効果が期待できます。

販促管理

サブスクストアには、単純な商品管理の機能のみならず、マーケティング施策の実施にも役立つ機能が搭載されています。

サブスクストアを導入することで、ステップメールやメルマガ、ポイント制度などを導入・利用できます。

こうした販促機能を最大限活用すれば、継続的に自社商品・サービスを利用してもらったり、顧客からより多くの利益をもたらしてもらえるようになります。

広告媒体管理

マーケティングで欠かせない広告の運用・管理も、サブスクストアで実現できます。

具体的には、商品を販売するランディングページの作成や編集、広告ごとに得られた利益(ライフタイムバリュー)を確認できます。

またサブスクストアにあるHTMLタグを活用すれば、顧客一人一人の流入や購買の経路を分析できます。

集計分析

そもそもサブスクリプションビジネスは、顧客に定額料金を支払ってもらうビジネスモデルです。

つまり継続的に利益を得るには、継続的にサービスを利用してもらい(継続率を高める)、なるべく解約されないようにする(離脱率を下げる)必要があります。

サブスクストアは、サブスクビジネスの最重要指標である「継続率」と「離脱率」を一目で確認できる仕様となっています。

たとえばサブスクストアを見て、継続率が低く離脱率が高い場合には、サービスの内容(価格帯や商品の内容など)を変えるなどの改善策を講じることができます。

ビジネスのPDCAを効率的に回せる点で、サブスクストアは単なるITツールとしてではなく、経営管理のツールとしても役に立ちます。

デザイン管理

サイト内で紹介している商品の表示方法や、ヘッダーやフッターの色なども自由にカスタマイズできます。

サブスクストアのデメリット

後述しますがサブスクストアは、業界No.1のシェアを誇るだけありメリットの多いサービスです。

しかし一方で、サブスクストアは欠点が全くないサービスではありません。

この章では、中小企業診断士が経営者の立場に立って、注意すべきデメリットを2つご紹介します。

無料のトライアルができない

メルマガ配信ツールをはじめとして、多くのITツールは数日間無料でトライアル利用できるケースが多いです。

無料トライアルがあれば、実際に効果を確認してからお金を支払えるため安心ですよね。

しかしサブスクストアでは、無料のトライアルが用意されていません。

そのため、試しに効果や使い勝手を検証してから、お金を支払って利用することができません。

「良いツールだと思ってサブスクストアを利用したのに、全く役に立たずに数万円もの費用が無駄になった・・・」という事態に陥りかねないのです。

ただし、サブスクストアのくわしいサービス内容や使い勝手については、無料の問い合わせや資料請求で確認できます。

利用料金が高い

無料でトライアルができない上に、なんと利用料金もそこそこ高いです。

くわしくは後述しますが、サブスクストアを利用するには毎月少なくとも5万円ほどの費用がかかります。

使ってみて役に立たなかった場合の損失が大きいので、最初からお金を払って利用する前に、まずはお問い合わせや資料請求でくわしいサービス内容を確認するのがオススメです。

資料請求やお問い合わせは無料なので損しないので安心そうです。

サブスクストアのメリット・評判

料金面ではでメリットがあるサブスクストアですが、料金の高さを帳消しにするほどのメリットを持っています。

この章ではマーケティングや経営の観点、実際にサブスクストアを利用した企業の評判・口コミを基に、サブスクストアを利用して御社が得られるメリットを4つご説明します。

市場シェアが業界No.1で実績豊富だから安心

サブスクストア最大のメリットは、単品通販・定期通販カートシステムの分野で、No.1の市場シェアを誇っている点です。

サブスクストアの導入企業は大企業からベンチャー企業まで多岐にわたり、これまで累計で 1,400社を超える会社がサブスクストアを利用しています。

ただ単に導入企業が多いだけでなく、サブスクストアを導入した会社の多くが売り上げを伸ばしています。

具体的には、導入した400社の年商が平均で年間132%も増加したとのことです。

大手からベンチャーまで多くの企業が導入し、実際に売り上げを大幅に伸ばしているので、安心してサブスクストアを導入できるでしょう。

平均年商132%アップ!定期通販特化カートシステム【サブスクストア】

サブスクリプションビジネスで必要な機能を全て一元的に使える

ご自身でサブスクリプションビジネスを行う場合、商品の価格設定や発注・受注、マーケティングなどをすべてご自身で行う必要があり大変です。

また、エクセルやマーケティングのツールをそれぞれ別で管理する必要があるため、とても管理が煩雑となります。

一方でサブスクストアがあれば、このツールだけで商品の管理やマーケティングなどを一元管理できます。

ビジネスに費やす労力を大幅に削減できる上に、手作業で生じ得るミスをなくす効果も期待できます。

無料セミナーやブログでサブスクリプションのノウハウを学べる

無料のセミナーやブログ記事で、サブスクリプションビジネスのノウハウを学べる点も、サブスクストアを利用するメリットです。

サブスクストアは利便性が高く優れたツールですが、これを導入したからといって100%サブスクビジネスの成功が保証される訳ではありません。

サブスクストアはあくまでビジネスを支援するツールに過ぎず、利益を得るには質の高い商品やマーケティング戦略が求められます。

質の高い商品やマーケティング戦略を立案するには、サブスクリプションビジネスに対する深いノウハウ(知見)が必要です。

しかし初めてサブスクビジネスを始める場合、ほとんどの方はサブスクリプションビジネスに対するノウハウを十分持ち合わせていません。

そこでサブスクストアを運営するテモナ株式会社は、ノウハウを学べるセミナーやブログ(サブスクノウハウ)を無料で用意しています。

サブスクリプションは比較的新しいビジネスモデルであるため、書籍で網羅的に学習するのは難しいです。

加えて書籍の購入費用もかかってしまいます。

一方でテモナのセミナーやブログを最大限活用すれば、無料でサブスクリプションのノウハウを学ぶことが可能です。

利用料金こそ若干高いものの、質の高いノウハウを無料で学べるため十分元を取れると思います。

無料で売上拡大のサポートを受けることができる

サブスクストアでは、サブスクビジネスに精通した16人のプロが、無料かつ無制限で電話やメールでのサポートを行なっています。

サブスクストアの使い方はもちろん、売り上げを伸ばすためのヒントやノウハウを無料で何回でも教えてもらうことができます。

サブスクリプションビジネスに精通したプロが徹底サポートしてくれるので、ビジネスを始めて行う方でも安心です。

通常なら数千円〜数万円払わないと得られないノウハウを無料で教えてもらえるのは、サブスクストアでしか得られないメリットだと思います。

関連記事

2019年の今、一番流行っているビジネスモデルと言っても過言ではないのがサブスクリプションです。SpotifyやHuluなど、イケてる事業のほとんどはサブスクリプションを上手く導入しています。近年は大手企業も導入し始めており、今後起[…]

サブスクストアの料金プラン

サブスクストアを利用する際には、「スタンダード」、「プレミアム」、「エキスパート」の3つの料金プランからいずれかを選びます。

この章では、各プランの料金や利用できる機能などをご紹介します。

スタンダード

スタンダードは、サブスクストア内でもっとも安い料金プランです。

一番安いものの、サブスクリプションビジネスを始める上で不可欠な機能は十分揃っています。

よほど大きな規模でビジネスを始める訳でない限り、スタンダードプランで十分だと思います。

具体的なプランの概要は下記になります。

・初期費用→69,800円

・月額費用→49,800円

・月間メール配信上限数→1万件

・管理画面利用者数→5人

プレミアム

プレミアムは、サブスクビジネスを本格的に大きなスケールで始めたい企業にオススメの料金プランです。

スタンダードプランと比べて、月間メール配信上限数や管理画面利用者数が大幅に多いのが特徴です。

プレミアムプランの具体的な概要は下記になります。

・初期費用→99,800円

・月額費用→79,800円

・月間メール配信上限数→10万件

・管理画面利用者数→10人

エキスパート

エキスパートプランは、自社内の基幹システムとの連携を図る場合など、細かいカスタマイズが必要な企業に適した料金プランです。

料金をはじめとした具体的なプランについては、相談した上で決めることとなります。

・初期費用→要相談

・月額費用→要相談

・月間メール配信上限数→要相談

・管理画面利用者数→要相談

無料の資料請求・問い合わせで、サブスクストアのより詳しい情報を得られるそうです

商品の管理やマーケティング施策の実施・分析など、サブスクストアにはサブスク型の事業を行う上で必要な機能がすべて揃っています。

業界内のシェアがNo.1である点や導入企業の売り上げが平均して132%も上昇している点などを踏まえると、サブスクビジネスでは右に出るツールがないと言っても過言ではありません。

しかし毎月数万円もの費用がかかるため、サブスクストアは気軽に導入できるビジネスではないと思います。

よってサブスクストア(サブスクビジネス)に興味がある方は、いきなりお金を払って利用するのではなく、まずは無料でお問い合わせや資料請求することから始めるのが良いと思います。

問い合わせや資料請求で詳しいサブスクストアの概要を知って、自社に合わなそうだと思ったら利用する必要はないと思います。

サブスクストアに限らず、この類のITツールは企業や業種によって向き不向きがあります。

高い買い物なので、合わないと思ったら購入せずに別のツールを探せば良いのです。

お問い合わせや資料請求は無料なので、情報を知るだけなら損しないので安心でしょう。

起業や既存事業の拡大で資金調達が必要となったら、下記のサイトでどのくらい資金調達できるか確認してみましょう!

【資金調達プロ】事業資金調達の10秒カンタン無料診断はコチラ

最新情報をチェックしよう!