中小企業診断士クラゲの経営学・マーケティングラボ

中小企業診断士の資格や新規事業の経験を持つクラゲが、経営学やマーケティングをゆるく分かりやすく伝えます。

SWOT分析とは?SWOT分析のやり方や目的をわかりやすく解説!

SWOT分析

経営企画やマーケティングの場面で頻繁に用いられるフレームワークに、「SWOT分析」と呼ばれるものがあります。

SWOT分析は、経営戦略を考える上でとても有効なフレームーワークです。経営者やマーケターの方はSWOT分析のやり方を知っておいて損はありません。

そこで今回の記事では、SWOT分析を行う目的やメリット、SWOTの各要素についてわかりやすく解説します!

SWOT分析とは?〜目的やメリット〜

まず最初に、SWOT分析を行う目的やメリットを簡単に解説します。

SWOT分析の意味と目的

SWOT分析とは、「その会社自体の内部環境」と「会社を取り巻く外部環境」の両面から、効果的な経営戦略を考えていくフレームワークです。

内部環境を「強み(Strength)」と「弱み(Weakness)」、外部環境を「機会(Opportunity)」と「脅威(Threat)」に分けて分析することから、それぞれの頭文字を取って「SWOT分析(スウォット分析)」と呼ばれます。

SWOT分析は、経営戦略の構築やマーケティング施策の策定目的で用いられるだけでなく、各従業員の目標設定を目的として利用されるケースもあります。 

SWOT分析を行うメリット

SWOT分析には、企業の内部環境に加えて外部環境も踏まえて分析を行う事で、客観的かつ精度の高い経営戦略を策定できるメリットがあります。

例えば自社の「強み」である内部環境だけを踏まえた経営戦略を実行すると、市場の衰退などの予期せぬ外部環境に阻害されるリスクがあります。

一方で強みに加えて、市場の成長性などの外部環境までを踏まえて戦略を立てる事で、より成功する可能性を高められます。

また、内部環境と外部環境を分析していく過程で、自社の事業に対する関係者の理解が深まるメリットも期待できます。

「強み」「弱み」「機会」「脅威」とは何かを具体例をつかって解説

SWOT分析のやり方を理解するためには、「強み」「弱み」「機会」「脅威」について、それぞれが何を意味するか分かっておく必要があります。

ここでは、SWOT分析の4項目がそれぞれ何を意味するかについて、具体例を用いつつ極力わかりやすくご説明しようと思います。

「強み(Strength)」とは

SWOT分析における強みとは、自社が保有する経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)の中でも、自社にとって武器となるものを指します。

たとえば研究開発型の会社では、「特許技術」や「研究開発のノウハウ」などが強みとなります。

強みに関しては、なるべく数字のデータや根拠となる事実を基に考えると、信頼性の高いSWOT分析となります。

強みを特定する際には、「VRIO分析」という手法が役立ちます。

VRIO分析のやり方を詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください!

business-kurage.hatenablog.com

「弱み(Weakness)」とは

一方で弱みとは、自社が苦手とするスキルや不足している経営資源を指します。

例えば研究開発型の会社の場合、「営業力」や「マーケティングのノウハウ」などが弱みとなり得ます。

強みと同様に、数字や根拠となるファクトを基に考えると、より精度の高いSWOT分析を行えます。

「機会(Opportunity)」とは

SWOT分析における機会とは、自社を取り巻く状況の中でも、自社にとってチャンスとなる(プラスの影響をもたらす)ものを意味します。

例えばゲームの制作・販売会社の場合は、子供の人口増加や大人の間でゲームが流行ることにより、市場規模が拡大している状況が機会となります。

「脅威(Threat)」とは

SWOT分析の脅威とは、 自社を取り巻く状況の中でも、自社にとって好ましくない状況(マイナスの影響をもたらす)ものを意味します。

たとえばゲームの制作・販売会社の場合は、少子高齢化や子供のゲーム離れにより、市場規模が縮小している状況が脅威となり得ます。

SWOT分析のやり方【3つのステップでカンタン!】

SWOT分析の強みや弱みが何を意味するか理解しても、その知識を実務に活かせなければ意味がありません。

SWOT分析を実務で活用するには、正しいやり方知った上で、それを実践することが大切です。

この章では、「外部環境・内部環境の分析」→「SWOTの各項目への整理」→「クロスSWOT分析」という3つのステップに分けて、SWOT分析のやり方をご説明します。

SWOT分析のやり方を知って、実務に役立てたい方は必見です!

SWOT分析のやり方

ステップ①:外部環境・内部環境についてそれぞれ分析・整理する

まず初めに、外部環境と内部環境についてそれぞれ分析・整理します。

外部環境と内部環境の分析・整理のやり方は少々異なるので、それぞれ分けてご説明します。

外部環境分析のやり方

外部環境分析を行う際は、自社を取り巻く下記項目について書き出します。

  • 市場規模
  • 市場の成長性
  • 競合他社の状況(競争の激しさ)
  • 経済状況
  • 政治状況

その際には「市場規模はどれくらいか?」「競争の激しさはどのくらいか?」といった質問を自分自身に問いかければ、答えを導き出しやすくなります。

もしくは、「ファイブフォース分析」や「PEST分析」などのフレームワークを活用するのも一つの手です。

各項目について書き出したら、各項目が自社にとって機会と脅威のどちらとなるのかを考えていきます。

例えば、市場規模が縮小傾向にあったら「脅威」、競争が激化していたら「脅威」といった感じで振り分けます。

※PEST分析のやり方はこちら!

www.bizkurage.com

内部環境分析のやり方

内部環境分析を行う際は、下記の項目を分析対象として書き出しましょう。

  • 技術力
  • ノウハウ
  • 資金力
  • 認知度
  • ブランド力
  • 人材の多さや優秀さ
  • 製品やサービスの品質

上記項目を書き出す際は、先ほどお伝えした通り、数字や根拠となるデータを基に分析するやり方がオススメです。

もしくは、「バリューチェーン分析」や「VRIO分析」などのフレームワークを用いるやり方も一つの手です。 

内部環境についても、それぞれの項目が自社にとって強みとなるのか、それとも弱みとなるのかを分析する必要があります。

例えば競合他社と比べて認知度が低ければ「弱み」、容易に真似できない技術力を持っていれば「強み」として考える事が出来るでしょう。

 

ステップ②:内部環境を「S(強み)とW(弱み)」に、外部環境を「O(機会)とT(脅威)」に分類する

内部と外部の要素を分析したら、その結果を「S(強み)」「W(弱み)」「O(機会)」「T(脅威)」の4項目にそれぞれ分類します。

一体どのようなやり方でSWOTの4要素に分類するのでしょうか?

内部環境を「S(強み)」と「W(弱み)」に分けよう

まず内部の要素を強みと弱みに分けるやり方を説明します。

Strength(強み)は自社にとって武器となる経営資源を意味します。

営業力の高い会社ならば、優れた営業マンや会社内に蓄積された営業ノウハウなどが強みとなるでしょう。

一方でWeakness(弱み)は自社にとって苦手な分野や、不足している経営資源を意味します。

人材不足に悩む中小企業ならば、人員不足が弱みとなるでしょう。

競合他社と比較したり客観的なデータを参考にすると、正確に強みと弱みに分けられます。

外部環境を「O(機会)」と「T(脅威)」に分けよう

次に外部の要素を機会と脅威に分けるやり方をお伝えします。

機会(Opportunity)は自社にとってチャンスをもたらす状況またはできごとです。

つい最近でいうと、タピオカ飲料の販売店から見たタピオカブームが機会となります。

他方脅威とは、自社にとって好ましくない状況やできごとです。

例えば、近年は若者の居酒屋離れが進んでいると言われていますが、これは居酒屋にとって大きな脅威です。

機会と脅威に分類する際は、自社の事業内容とリンクさせるのが大事です。

例えばゲームの販売会社からすると、若者の居酒屋離れは全く売上高に影響しないため脅威とは呼べません。

自社の事業に影響があるかどうかという基準で分類するのがコツです。

ステップ③:具体的な経営戦略を立てる(クロスSWOT分析を行う)

内部と外部の要素をSWOTの項目に分類できたら、それを基に具体的な経営戦略を立ててみましょう。

その際は、「クロスSWOT分析」というやり方を用います。

クロスSWOT分析では、「強み」「弱み」「機会」「脅威」の組み合わせごとに、取るべき経営戦略を考えていきます。

今回はクロスSWOT分析をわかりやすく伝えるために、以下のモデルケースを用いてやり方を説明していきます。

○前提条件

  • 業種→地方にある旅館
  • 強み→日本文化を感じられる料理や庭園
  • 弱み→外国人を接客できる従業員がいない
  • 機会→近年外国人観光客が増加している
  • 脅威→近隣にビジネスホテルができた

クロスSWOT分析のやり方①:「強み×機会」

「強み×機会」に関しては、強みの活用により機会による恩恵を最大限得るための戦略を考えます。

自社の強みがプラスに作用する機会を探し、その機会を最大限活用できる施策を実行する事で、収益の増大や市場シェアの向上などを期待できます。

事業規模の拡大や事業の大幅な成長を目指す際は、この観点から経営の方向性を考えるのがオススメです。

先ほどの例で言えば、下記のような戦略(施策)が考えられます。

「日本文化を感じられる料理や庭園(強み)を活かし、近年増加している外国人観光客(機会)をターゲットとした施策を行う」

クロスSWOT分析のやり方②:「強み×脅威」

「強み×脅威」に関しては、強みの活用により脅威による悪影響を最小限に留める方針で戦略を立てます。もしくは強みを用いて差別化を図り、脅威を機会に変える施策を考える事もできます。

自社の持つ強みを用いて脅威に対処する事で、外部要因による脅威が強まった際に、自社の市場シェアや収益、市場での地位を守る事ができます。

外部環境の変化により、自社の経営に悪影響が及びそうな際には、この観点から戦略を考えるのがオススメです。

先ほどの例で言うと、下記のような戦略(施策)が考えられます。

「日本文化を感じられる料理や庭園(強み)を活かし、昨年近隣にできたビジネスホテル(脅威)との差別化を図り、収益や顧客シェアの低下を防止する」 

クロスSWOT分析のやり方③:「弱み×機会」

 「弱み×機会」に関しては、機会を逃さないために弱みを補強・克服する方針で戦略を考えます。

収益の増大や顧客シェアの向上をもたらし得る機会が生じた際、弱みがあるために機会を逃しては非常に勿体無いですよね。

またとない機会を逃さないためにも、機会を逃す要因となり得る弱みは積極的に克服する必要があります。

機会を得る上で弱みが支障となり得そうな場合には、この観点から今後の戦い方を構築していきましょう。

先ほどの例で言うと、下記のような戦略(施策)が考えられます。

「近年増加している外国人観光客(機会)の宿泊需要を取り込むために、外国人を接客できる従業員がいない(弱み)という課題を、英語教育や翻訳機の導入により克服する」

クロスSWOT分析のやり方④:「弱み×脅威 」

 「弱み×脅威」に関しては、脅威による悪影響を最小限に留める(回避する)為にはどうすべきか?という観点から戦略(施策)を考えます。

必ずしも脅威を回避する上で役立つ強みがある訳ではない上に、全く強みが役に立たず、脅威による甚大な悪影響を受ける可能性は0ではありません。かえって弱みが原因となり、脅威による影響がさらに深刻化するリスクもあります。

よってSWOT分析を用いる際は、弱みによって生じ得る最悪の場合も想定した上で戦い方を立てるのが理想です。

場合によっては、事業からの撤退も視野に入れる必要もあります。

先ほどの例で言うと、下記のような戦略(施策)が考えられます。

「外国人を接客できる従業員がいない(弱み)のが理由で、昨年近隣にできたビジネスホテル(脅威)に収益や顧客シェアを奪われる可能性が高い。したがって、宿泊サービス事業から撤退を図る」

 

以上がSWOT分析のやり方となります。

SWOT分析のやり方をもっと具体的にイメージしたいという方は、下記の記事も参考にしてみてください!

アパレルや飲食業界の企業を事例に用いて、SWOT分析を行っているので参考になるかもしれません。

www.bizkurage.com

SWOT分析のまとめ

以上でSWOT分析の説明は終わりになります。今回は、SWOT分析の意味やメリット、やり方をご説明しました。

やってみると分かりますがSWOT分析は意外と難しい手法です。強みや機会を見極め、適切に施策を構築するためには、慣れや経験がどうしても必要になります。

一番手っ取り早くSWOT分析のやり方をマスターするには、実際にSWOT分析を駆使している人の考え方を参考にするのが良いと思います。スポーツで言う所の、できる人から教われば成長速度や成長の度合いが高まるのと同じです。

そこでオススメなのが、「SWOT分析 コーチング・メソッド」という本です。

この本では、100を超える企業の経営状況を改善してきた著者が実際に使用しているSWOT分析のやり方が、事例も交えつつ分かりやすく紹介されています。

中小企業の業績向上に役立つ即効性のあるノウハウが詰め込まれているので、経営者の方にはぜひ読んでもらいたい一冊です!