SWOT分析とは?やり方やメリット、目的を徹底解説

SWOT分析とは、経営やマーケティングの戦略策定で用いられるフレームワークです。

SWOT分析のやり方を知っておくと、質の高い経営戦略やマーケティング施策を立案しやすくなります。

そこで今回は、SWOT分析を行う目的やメリット、やり方をわかりやすく解説します。

SWOT分析の基本や実践的なやり方を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

SWOT分析とは

SWOT分析とは、「強み(Strength)」、「弱み(Weakness)」、「機会(Opportunity)」、「脅威(Threat)」という4つの項目を用いて、自社内の経営資源と外部の経営環境を分析するフレームワークです。

内部環境を「強み(Strength)」と「弱み(Weakness)」、外部環境を「機会(Opportunity)」と「脅威(Threat)」に分けて分析することから、それぞれの頭文字を取って「SWOT分析(スウォット分析)」と呼ばれています。

SWOT分析の目的

SWOT分析は、主に以下3つの目的で利用されます。

・経営戦略やマーケティング戦略の策定
・自社が直面している課題やチャンスの洗い出し
・目標に関する認識の統一

SWOT分析は、新しくビジネスを始めるときはもちろん、経営改善や大規模な業態変換を行う場合にも役立つことが理解できるでしょう。

関連記事

経営学やマーケティングを勉強する方であれば、一度は「SWOT分析」という用語を目にした機会があるでしょう。SWOT分析は、経営学の本や資格テキストでほぼ必ずとっても良いほど出てくるフレームワークです。そんなSWOT分析ですが、一体どの[…]

SWOT分析の目的

SWOT分析を行うメリット

SWOT分析を行うメリット(得られる効果)は2つあります。

自社が直面している課題およびチャンスの明確化

まず1つ目は、自社が直面している課題やチャンスを明確にできる点です。

SWOT分析では、競合他社の戦略や動向、消費者の価値観やニーズ、技術革新の度合いなどを総合的に分析します。

外部環境分析を幅広い視点で行うことで、自社にとって脅威となり得る事柄や、逆にチャンスとなる事柄を発見しやすくなります。

客観的で精度が高い戦略を策定できる

2つ目のメリットは、客観的で精度の高い戦略を策定できる点です。

自力で経営戦略やマーケティング戦略を策定すると、自社の内部資源または外部資源のいずれかのみを偏重した戦略となる可能性が高いです。

例えば自社の「強み」だけを踏まえて経営戦略を策定すると、市場の衰退などの予期せぬ外部環境によって業績が悪化するリスクがあります。

また、外部の「機会」だけを考慮した場合は、自社の強みを活かせずに市場シェアの獲得につながりにくくなります。

以上より、経営やマーケティングの戦略策定には、自社内部と外部の経営環境のどちらの視点も必要です。

SWOT分析は、内部環境と外部環境のどちらも考慮できるため、戦略策定に最適なツールと言えるでしょう。

関連記事

経営戦略は大きく分けて、経営資源の配分や事業領域の決定などを行う「企業戦略(成長戦略)」と事業ごとに競争に打ち勝つための戦略を考える「事業戦略(競争戦略)」に分けられます。企業戦略にせよ事業戦略にせよ抽象的なので、決めようと思っても「ど[…]

経営戦略フレームワーク

SWOT分析における4つの要素【具体例】

SWOT分析を使いこなすには、4つの要素(強み、弱み、機会、脅威)それぞれについて、どのような要素が該当するかを理解しなくてはいけません。

そこでこの章では、SWOT分析における4つの要素について、具体例を交えつつご紹介します。

「強み(Strength)」とは

強みとは、自社が保有している経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)の中でも、自社にとって武器となるものです。

例えば研究開発型の会社では、「特許技術」や「研究開発のノウハウ」などが強みとなるでしょう。

強みに関しては、憶測や感覚ではなく、他社との比較や客観的な根拠(売上高など)をベースに検討するのがコツです。

自社の強みを特定する際には、VRIO分析というフレームワークが役立ちます。

関連記事

優れた経営戦略を策定するには、外部環境(顧客のニーズや他社の施策など)だけでなく、自社の強みを把握しておく必要があります。今回ご紹介するVRIO分析は、自社の経営資源が強みとなるか否か、どのくらいの競争優位性を持つのかを分析するフレーム[…]

VRIO分析

「弱み(Weakness)」とは

一方で弱みとは、苦手なスキルや不足している経営資源です。

例えば研究開発型の会社の場合、「営業力」や「マーケティングのノウハウ」などが弱みとなる傾向があります。

強みと同様に、客観的なデータや資料を根拠に洗い出すことが重要です。

「機会(Opportunity)」とは

機会とは、自社を取り巻く状況の中でも、自社にとってチャンスとなる(プラスの影響をもたらす)ものを意味します。

例えばゲームの制作・販売会社の場合は、子供の人口増加や大人の間でゲームが流行る状況が機会となるでしょう。

「脅威(Threat)」とは

脅威とは、 自社を取り巻く状況の中でも、自社にとって好ましくない状況(マイナスの影響をもたらす)ものです。

たとえばゲームの制作・販売会社の場合は、少子高齢化や子供のゲーム離れにより、市場規模が縮小している状況が脅威となり得ます。

SWOT分析のやり方【カンタン4ステップ】

SWOT分析は、「情報収集」→「外部環境の分析」→「内部環境の分析」→「SWOTの表作成」→「クロスSWOT分析による戦略策定」という4つのステップで実施します。

この章では、SWOT分析のやり方を4つのStepに分けて順番にご説明します。

手順1:外部環境の分析

SWOT分析では、最初に外部環境(機会と脅威)から分析します。

内部環境ではなく外部環境から分析するのは、競合他社や消費者、政治・経済といった外部環境によって自社の強みや弱みが変わってくるからです。

外部環境に関しては、主に以下の項目を分析するのが一般的なやり方です。

・市場規模

・市場の成長性

・経済状況

・政治状況

・競合他社の状況(競争の激しさ)

・消費者のニーズ

・供給業者や流通業者の動向

外部環境を分析する際には、「PEST分析」や「ファイブフォース分析」といったフレームワークが有用です。

PEST分析とは、「Politics(政治)」、「Economy(経済)」、「Society(社会)」、「Technology(技術)」という4つの項目から、自社を取り巻くマクロ環境を分析するフレームワークです。

一方でファイブフォース分析とは、「売り手の交渉力」、「買い手の交渉力」、「既存業者の敵対関係」、「新規参入の脅威」、「代替品の脅威」という5つの項目から、ミクロ環境や業界の収益構造(魅力度)を分析するフレームワークです。

PEST分析やファイブフォース分析を使えば、スムーズに外部環境を整理できるのでオススメです。

外部環境を分析したら、分析で得られた項目を「機会」と「脅威」に分類しましょう。例えば居酒屋事業を営んでいる場合、若者の居酒屋離れは脅威と言えるでしょう。

自社の事業内容と分析結果を照らし合わせながら分類するのがポイントです。

PEST分析やファイブフォース分析の具体的なやり方については、以下の記事をご参照ください。

関連記事

経営戦略を考える上では、自社の強みや弱みだけでなく、外部の環境についても考慮するのが大事です。なぜなら、どれほど自社の強みを活かせるビジネスでも、外部環境の現状や将来的な変化により、業績が大きく左右される可能性があるためです。そんな[…]

PEST分析
関連記事

経営者の方や経営学を学んでいる方であれば、「ファイブフォース分析」について一度は勉強したり耳にした経験があると思います。しかし、ファイブフォース分析の意味を知っていても、実務にどうやって役立てれば良いか分からない方も多いかもしれません。[…]

ファイブフォース分析

手順2:内部環境の分析

次に、内部環境の分析を実施します。

内部環境の分析では、主に以下の項目を分析するやり方が一般的です。

・技術力

・ノウハウ

・資金力

・認知度

・ブランド力

・人材の多さや優秀さ

・製品やサービスの品質

洗い出した上記の項目は、「強み」と「弱み」に分類します。

分類する際には、外部環境の分析結果を基準として用いることが重要です。

なお分類するにあたっては、「VRIO分析」や「バリューチェーン分析」といったフレームワークが有用です。

VRIO分析とは、「Value(価値)」、「Rarity(希少性)」、「Imitability(模倣困難性)」「Organization(組織)」という4項目を分析する手法で、自社の経営資源が持つ競争優位性の度合いを判断するフレームワークです。

バリューチェーン分析とは、事業活動を一つひとつの機能(営業や生産など)に分けて、どの部分で価値が創出されているかを分析するフレームワークです。

こうしたフレームワークを使えば、自社の経営資源が「強み」と「弱み」のどちらなのかを判断しやすくなるでしょう。

VRIO分析やバリューチェーン分析のやり方は、以下の記事を参照していただければ幸いです。

関連記事

優れた経営戦略を策定するには、外部環境(顧客のニーズや他社の施策など)だけでなく、自社の強みを把握しておく必要があります。今回ご紹介するVRIO分析は、自社の経営資源が強みとなるか否か、どのくらいの競争優位性を持つのかを分析するフレーム[…]

VRIO分析
関連記事

競合の会社よりも多くの利益を得るには、「どの市場で事業を行うのか?」という戦略だけでなく、他社では模倣できないような自社の強みを持つ必要があります。そんな会社の強みを見極めるフレームワークとして、「バリューチェーン分析」と呼ばれるものが[…]

バリューチェーン分析

手順3:SWOTの表を作成

内部環境と外部環境の分析を終えたら、分析の結果をSWOTの表にまとめましょう。

アイスクリームを販売する大手企業を分析したと仮定した場合、以下のような表を作成できるでしょう。

「分析結果を表に示す」というやり方は、経営環境を一目で把握できる点でオススメです。

手順4:クロスSWOT分析による戦略策定

最後に、クロスSWOT分析というやり方を用いて、具体的な経営戦略やマーケティング戦略を策定します。

クロスSWOT分析では、SWOT分析の結果を組み合わせて、下記4つの戦略を策定します。

Strength(強み)Weakness(弱み)
機会(Opportunity)「強み×機会」戦略「弱み×機会」戦略
脅威(Threat)「強み×脅威」戦略「弱み×脅威」戦略

この項では、4種類の戦略の概要と策定する具体的なやり方をご紹介します。

「強み×機会」戦略を策定するやり方

「強み×機会」戦略とは、積極的に攻めて利益を最大化する経営戦略を意味します。

具体的には、強みの活用により機会による恩恵を最大限得るための戦略を考えます。

自社の強みがプラスに作用する機会を探し、その機会を最大限活用できる施策を行う事で、収益の増大や市場シェアの向上などを期待できます。

事業規模の拡大や事業の大幅な成長を目指す際は、この観点から経営の方向性を考えるのがオススメです。

「強み×脅威」戦略を策定するやり方

「強み×脅威」戦略とは、差別化で脅威による悪影響を軽減する経営戦略です。

具体的には、強みの活用により、脅威による悪影響を最小限に留めることを目指します。

差別化が大きく成功すれば、脅威を機会に変えることもできます。

自社の持つ強みを用いて脅威に対応すれば、外部要因による脅威が強まった際に、自社の市場シェアや収益、市場での地位を維持できます。

外部環境の変化により、自社の経営に悪影響が及びそうな際には、この観点から戦略を考えるのがオススメです。

「弱み×機会」戦略を策定するやり方

「弱み×機会」戦略とは、機会を逃さないために弱みを補強する経営戦略です。

収益の増大や顧客シェアの向上をもたらし得る機会が生じた際、弱みがあるために機会を逃しては非常に勿体無いです。

またとない機会を逃さないためにも、機会を逃す要因となり得る弱みは積極的に克服する必要があります。

機会を得る上で弱みが支障となり得そうな場合には、この観点から今後の戦い方を構築していきましょう。

「弱み×脅威 」戦略を策定するやり方

「弱み×脅威」戦略とは、脅威による悪影響を最小限に抑えるための経営戦略です。

必ずしも脅威を避ける上で役立つ強みがある訳ではない上に、全く強みが役に立たず、脅威による甚大な悪影響を受ける可能性は0ではありません。

かえって弱みが原因となり、脅威による影響がさらに深刻化するリスクもあります。

よってSWOT分析を用いる際は、弱みによって生じ得る最悪の場合も想定した上で戦い方を立てるのが理想です。

場合によっては、事業からの撤退も視野に入れなくてはいけません。

クロスSWOT分析のくわしいやり方や事例は、以下の記事をご参照ください。

関連記事

SWOT分析は、経営やマーケティングの戦略策定に役立つフレームワークとして有名です。しかし実は、SWOT分析だけでは現状の分析しかできず、戦略の策定にはつながりません。経営やマーケティングの戦略を策定するには、より一歩踏み込んだ「ク[…]

クロスSWOT分析

SWOT分析のまとめ

SWOT分析のやり方をマスターすれば、新規事業の立ち上げや経営改善など、幅広い状況で良い結果を残しやすくなります。

ただしSWOT分析は、意外と使いこなすのが難しいフレームワークです。

したがって、SWOT分析を使いこなせるようになるには、やり方を学ぶだけでなく、実際にビジネスで使う機会を増すのが大切です。

経営やマーケティングに携わる方は、ぜひ今回お伝えしたSWOT分析のやり方を実践していただければ幸いです。

関連記事

経営戦略とは、目標・ビジョンの達成や事業の成長に向けて、どのような戦い方で行動すべきかを明確にする指針です。 近年は、少子高齢化や大不況、経済のグローバル化などの影響により、単純に商品やサービスが優れているだけでは、長期的な存続・成長は[…]

経営戦略とは