中小企業診断士クラゲの経営学・マーケティングラボ

中小企業診断士の資格や新規事業の経験を持つクラゲが、経営学やマーケティングをゆるく分かりやすく伝えます。

SWOT分析の目的とは?SWOT分析はどんな場面で役立つのか?

SWOT分析の目的

経営学やマーケティングを勉強する方であれば、一度は「SWOT分析」という用語を目にした機会があるでしょう。
SWOT分析は、経営学の本や資格テキストでほぼ必ずとっても良いほど出てくるフレームワークです。

そんなSWOT分析ですが、一体どのような目的で行うのでしょうか?

そこで今回は、SWOT分析を行う目的を3つご紹介しようと思います。

目的①:経営戦略の策定

SWOT分析を行うもっとも大きな目的は、経営戦略の策定です。

起業や新規事業を成功させるには、競合他社との顧客の奪い合いに勝った上で、十分な利益を得続けなくてはいけません。

どの会社も本気で事業を行なっているため、ただやみくもに事業を行なっても勝ち目はありません。

競合他社との戦いに勝つには、あらかじめ入念に経営戦略を立てる必要があります。

SWOT分析は、そんな経営戦略の策定を目的に活用されます。

SWOT分析では「自社の内部環境(強み・弱み)」と自「社を取り巻く外部環境(機会・脅威)」の両面を整理することで、競争優位に直結する経営戦略を策定できるのです。

目的②:現在抱えている課題の洗い出し(経営改善)

SWOT分析は新しくビジネスを始める時のみならず、既存の事業(企業)を見直す目的でも用いられます。 

SWOT分析を実施すると、自社の強みや弱みとなる経営資源や、自社を取り巻くチャンスや脅威(リスク)を整理できます。

それにより、今後解決すべき課題を洗い出すことができるのです。

洗い出した課題を解決すれば、経営状況を改善する効果も期待できます。

このように経営改善を目的に、SWOT分析を実施するケースも少なくありません。

目的③:全社的な認識の統一

SWOT分析を行う三つ目の目的は、全社的な認識の統一です。

従業員一人一人が自社の経営戦略や内部環境・外部環境を知っていないと、いくら全社的に優れた経営戦略を策定しても、それをスムーズに実行するのが困難となります。

たとえば開発部の人材不足が弱みであることを営業が知らないと、ひたすら現場のことを考えずに案件を獲得してしまい、納期遅れなどが生じてしまいます。

このような事態に陥らないためにも、一人一人の従業員が自社の現状について知っておく必要があります。

SWOT分析は、そんな全社的な認識統一の目的でも役立つフレームワークです。

図表などにした分析結果を全社間で共有することで、一人一人が自社の現状や行うべき(達成すべき)事柄を把握できるようになります。

SWOT分析の目的まとめ

今回の記事では、SWOT分析を活用する目的を3つご紹介しました。

SWOT分析は、経営戦略を策定する目的のみならず、経営改善や認識の統一といった目的でも活用されます。

ビジネスを行う上でとても有用なフレームワークなので、皆さんもぜひSWOT分析を活用してみてください!

SWOT分析の目的のみならず全体像も知りたいという方は、下記の記事を参考にしてみてください!

www.bizkurage.com