中小企業診断士クラゲの経営学・マーケティングラボ

中小企業診断士の資格や新規事業の経験を持つクラゲが、経営学やマーケティングをゆるく分かりやすく伝えます。

トリプルメディア戦略〜目的に応じて自社サイトや広告を使い分けよう!〜

トリプルメディア戦略

「トリプルメディア」という概念は、インターネットが普及した昨今、マーケティング戦略においてとても重要となっています。

この記事を読んでトリプルメディアの特徴や効果を知れば、マーケティング戦略の効果を高められるかも知れません!

そこで今回の記事では、まず初めにトリプルメディアの意味をお伝えし、次に各メディアの特徴や期待できる効果をそれぞれご紹介し、最後にマーケティングの効果を最大限発揮する上で、どのようにトリプルメディアを活用すべきかをお伝えします。

トリプルメディアとは?トリプルメディアの特徴

トリプルメディアとは、メディアを「ペイドメディア」「オウンドメディア」「アーンドメディア」の三つに分類する考え方であり、アメリカの情報サイトCNETで取り上げられた論文「Multimedia2.0」で提唱された概念です。

インターネットが普及した現代においては、三つのメディア(トリプルメディア)を上手く組み合わせて消費者とのコミュニケーションを図るのが、マーケティング目標を達成する上で重要だと考えられています。

三つのメディアを組み合わせたマーケティング戦略は、文字通り「トリプルメディア戦略」とも呼ばれます。

最後の項では、効果的なトリプルメディア戦略について自分なりの考察をお伝えするので、結論だけ知りたい方は最後まで読み飛ばしてください!

トリプルメディアその①:ペイドメディア(Paid Media)

ペイドメディアの意味と具体例

ペイドメディアとは、外部の機関に対価を支払って利用するメディアです。

テレビCMや新聞といった従来のマスメディアは、ペイドメディアに含まれます。

また、リスティング広告やアフィリエイト広告、バナー広告など、インターネットを利用した広告もペイドメディアに該当します。

ペイドメディアで期待できる効果

ペイドメディアを活用すると、商品・サービスや自社に対する認知度向上の効果を期待できます。

新聞やテレビ、有名なアフィリエイトサイトなど、ペイドメディアの多くはたくさんの読者(視聴者)を抱えています。

そのため他のメディアを使用する場合と比べて、商品や自社の知名度をより多くの消費者に素早く伝えることができます。

また商品やサービスを幅広い人にアピールできるため、新規顧客の集客にも向いています。

ペイドメディアの活用戦略

ペイドメディアには素早く幅広い消費者にアピールできる利点がありますが、他のメディアと比べて多くの費用がかかる傾向があります。

そのため、自社や自社商品を利用しそうな見込み客が利用するメディアに絞って、広告を出稿するのが大事となります。

たとえばシステム開発のサービスを宣伝したいのであれば、ITに関心がある人やWeb系の経営者が読みそうなメディアサイトに広告を出す戦略が効果的です。

またペイドメディアを活用する際には、情報の訴求が一方的であり、かつ伝えられる情報に限りがある点にも注意が必要です。

そのため、広告のリンク先である自社サイト(オウンドメディア)のページに商品の詳しい説明を載せるといった戦略が求められます。

また、限りあるスペースで少しでも魅力的かつ重要な情報を伝えられるように、広告を作るのも大切です。

トリプルメディアその②:オウンドメディア(Owned Media)

オウンドメディアの意味と具体例

オウンドメディアとは、自社が所有するメディアを意味します。 

具体的には、自社のホームページやECサイト、メールマガジンなどがオウンドメディアに含まれます。

オウンドメディアで期待できる効果

オウンドメディアには、自社や自社の商品・サービスに関して詳しい情報を消費者に訴求できる効果があります。

ペイドメディア(広告)とは違い、オウンドメディアでは伝えたい内容を無制限かつ自由に伝えられます。

たとえば販売している商品の良さを伝えるのも良いですし、自社商品に関連する検索キーワードで記事を執筆・公開し、その記事を閲覧してきた見込み客に商品の販売を進めるのも可能です。

自社のマーケティング戦略に合わせて自由に活用できるメディアであるため、使い方次第で新規顧客の獲得やブランド力アップなど、様々なメリットを得られます。

オウンドメディアの活用戦略

オウンドメディアの運用では、商品や自社の魅力を最大限詳しくアピールする戦略が求められます。 

たとえばペイドメディアで浅く紹介した内容について、オウンドメディア内で詳しく紹介すれば、売上高の獲得に繋がりやすくなるでしょう。

より多くの新規顧客や売上高を獲得するためには、商品や自社ブランドを魅力的に見せる文章やサイト設計が大事となります。

また、検索エンジン経由でより多くの消費者に自社サイトを見てもらえるように、SEO対策を実施するのも大切です。

ここで注意していただきたいのが、SEO対策の効果はすぐには表れにくい点です。

SEO対策により自社サイトのページが上位表示されるには、約3ヶ月から1年以上かかります。

ただし長期的に運営すれば、低コストで安定的に見込み顧客の流入を期待できます。

つまりオウンドメディアは、長期的な視点で運用すべき手法であると言えます。

トリプルメディアその③:アーンドメディア(Earned Media)

アーンドメディアの意味と具体例

アーンドメディアとは、消費者からの信頼や評判を獲得するためのメディアです。

少々抽象的でわかりにくいですが、要はツイッターなどのSNSやブログ、掲示板などのメディアを意味します。

アーンドメディアで期待できる効果

アーンドメディアでは、「短時間かつ広範囲への情報拡散」と「信頼や評判の獲得」という二つの効果を得られます。

たとえばSNSで自社の新商品を宣伝した場合、その商品がユニークであれば、瞬く合間にリツイートやいいねで拡散されます。

また自社の商品の使い勝手がよければ、SNSで良い口コミが広がっていき、意図せずとも自社の商品に対する信頼や評判が高くなります。

このようにアーンドメディアには魅力的なメリットがある一方で、情報をコントロールできないデメリットもあります。

広告や自社サイトの場合、情報の内容や伝える内容をある程度自由にコントロールできます。

しかしアーンドメディアの場合はあまりコントロールできません。

誰かが何となく言った悪評が瞬く間に広がったり、自社の商品に全く関心を持たない層にまで情報が拡散されます。

アーンドメディアの活用戦略

アーンドメディアを活用する際には、その情報拡散力を最大限に活かす戦略が大事です。

たとえばオウンドメディアのみの運営では、自社サイトで販売する商品が広く認知されるまでに時間がかかります。 

そこでアーンドメディアで自社サイトの内容やリンクを公開すれば、幅広い相手へ素早く情報を拡散できます。

またSNSで見つけた自社に対する評判や要望を、積極的に商品開発や販売に活かす戦略も大切だと思います。

たとえばツイッターで「良い商品だけど◯◯の機能が少し使いにくい」というツイートがあったら、その部分を直すことでより良い商品に改良することができます。

自社にとってマイナスの情報も広まるアーンドメディアですが、裏を返せば消費者の本音を見れるツールでもあるため、積極的に耳を傾けて、より良い評判を得られるようにするのも大事です。

トリプルメディアを上手く連携させた戦略が大事!

メディアの種類ごとに得られる効果や特徴は異なるため、マーケティングの目的に応じてトリプルメディアを上手く連携させる戦略が大事です。

ここでは、トリプルメディアをどのように活用する戦略が効果的なのかを考察します。

ペイドメディアやアーンドメディアに特化するのはオススメできない

結論から言いますと、ペイドメデイアかアーンドメディアに特化する戦略は長期的に見ると逆効果だと思います。

ペイドメディアばかりに傾倒すると、自社商品の良さを詳しく・双方向的に訴求できないために、顧客獲得や固定客化に繋がりにくいでしょう。

またアーンドメディアに傾倒しても、良い商品や魅力的なコンテンツがなければ、情報の拡散には繋がりませんし、逆に評判が悪くなる可能性があります。

一方でアーンドメディアでは、SEO対策により長期的に見込み客を呼び込めますし、メディア内で自社商品の魅力を最大限アピールできるため、顧客獲得や固定客化に繋がりやすいです。

最適なトリプルメディア戦略は?

以上の理由から賛否両論あるかもしれませんが、「オウンドメディア」を主軸で運用しつつ、必要に応じてペイドメディアとアーンドメディアを活用する戦略が良いと個人的に思います。

具体的には、オウンドメディアで「SEO対策による長期的な集客」と「自社商品のアピール」を同時に行いつつ、ペイドメディアで「見込み客に対する認知度向上」と「オウンドメディアへの流入」を図る戦略がおすすめです。

またアーンドメディアを活用し、消費者の生の声を把握したり、積極的に情報発信を行い「オウンドメディアへの流入増加」や「情報拡散による評判の向上」を目指す戦略も同時に実施すると良いかと思います。

トリプルメディア戦略のまとめ

今回は、トリプルメディアを活用した戦略について私見を述べました。

インターネットが普及した昨今、トリプルメディアを駆使した戦略がますます重要となっています。

トリプルメディアを戦略的に利用できれば、売り上げを大幅に増やせたり、新規顧客をこれまで以上に獲得できるようになります。

これまでメディアをあまり活用せずに事業を営んでいた方は、一度トリプルメディアを駆使した戦略を取り入れてみてはいかがでしょうか?