中小企業診断士クラゲの経営学・マーケティングラボ

中小企業診断士の資格や新規事業の経験を持つクラゲが、経営学やマーケティングをゆる〜く分かりやすく伝えるブログです。

バラエティ・シーキングとは?バラエティ・シーキング型商品のマーケティングを徹底解説!

バラエティ・シーキング

商品の特性によって、適したマーケティングの方法は異なります。

特に「バラエティ・シーキング」が行われやすい商品の場合には、通常とは異なるマーケティングが必要なので注意が必要です。

今回の記事では、そんなバラエティ・シーキングの意味や具体例、マーケティングでの活用法をお伝えします。

アイスクリームや飲料水など、安くて頻繁に購入される商品を販売したいと考えている方に必見の内容です!

バラエティ・シーキングとは

まず初めに、バラエティ・シーキングの概要を簡単にご説明します。

バラエティ・シーキングの意味

バラエティ・シーキングとは、購入するブランドを抵抗なくスイッチする(変える)消費者の行動、もしくは特定のブランドにこだわらず様々なブランドを買おうとする消費者の購買特性を意味します。

バラエティ・シーキングという概念は、アメリカの消費者行動の研究者アサエル氏によって提唱されました。

バラエティ・シーキングを行う消費者やバラエティ・シーキングが行われやすい商品は、バラエティ・シーキング型の消費者(商品)と呼ばれます。

バラエティ・シーキングが生じやすい状況

アサエル氏は、バラエティー・シーキングが生じやすい状況(商品)として以下の特徴を挙げています。

  • 反復的に購買される
  • 商品に対するこだわり(関与)が低い
  • ブランドによって品質に違いがあると消費者に認識されている

上記の特徴に該当する商品では、バラエティ・シーキングが発生しやすいとされています。

ただし100%当てはまるという訳ではなく、強いこだわりを持つ商品カテゴリーに対してもバラエティ・シーキングを行う消費者も存在します。 

バラエティ・シーキングされやすい商品の具体例

「反復的に購買されて、商品に対してこだわりを持たれにくく、ブランド間の差異が大きい商品」ほど、バラエティ・シーキング型の購買行動を取られやすいと前述しました。

では、この条件に該当する商品には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

結論を述べると、ペット飲料やお菓子など、低価格で日用的に購入される消費財がバラエティ・シーキングの条件を満たしています。

例えばアイスクリームは、非常に低価格で子供から大人までの幅広い消費者に頻繁に購入されます。

また味や食感もブランドによって多様であり、多くの人がブランド間の違いを認識しています。

加えて、「このブランドのアイスじゃないとダメだ!」とこだわりを持つ人は少なく、むしろ暑いから食べるといった感情で、ブランドを意識せず購買するケースが多いです。

上記の通りアイスクリームはバラエティ・シーキングの条件を満たすため、消費者は頻繁に購入するブランドを変更する傾向があります。

バラエティ・シーキング型商品のマーケティングはどう行えば良いか?

最後に、バラエティ・シーキング型商品のマーケティングを行うポイントを解説します。

バラエティ・シーキング型の商品は、どのような理由から購入されるか?

バラエティ・シーキング型商品のマーケティングを成功させるには、商品がどのような理由で購入されるかを知っておく必要があります。

前述通りバラエティ・シーキング型の商品は、こだわりを持たれていない上に、低価格なので購入に失敗した際のリスクが小さいです。

そのため消費者は、その日の気分や商品の目新しさ、希少性といった要因によりどのブランドを購入するかを決定します。

つまりバラエティ・シーキング型商品は、確固たる根拠なしに、感情的な理由で購入される訳です。

バラエティ・シーキング型の商品を上手に販売する方法

感情的に購入されるバラエティ・シーキング型の商品は、どのように販売すれば良いでしょうか?

結論を言うと、目新しさや希少性などをアピールして、購買意欲を掻き立てる施策が有効です。

具体的には、新商品を頻繁に発売したり、期間限定の商品、味はそのままでパッケージを目立たせるといった施策です。

このような施策を行えば、自社ブランドの商品を購入してもらえる可能性を高めることができます。

また自社の商品間でスイッチしてもらえれば、他社ブランドに顧客を取られることを阻止できる可能性もあります。 

www.bizkurage.com

バラエティ・シーキングのまとめ

今回の記事では、バラエティ・シーキングの意味や具体例、マーケティングの方法をお伝えしました。

バラエティ・シーキング型商品のマーケティングは、 自社ブランドに強い愛着を持つファンを獲得しにくい点で難易度が高いです。

ですが然るべき対策を施せば、バラエティ・シーキング型商品の販売でも十分な利益を得られる可能性はあります。

今後バラエティ・シーキング型商品を販売したいと考えている方は、今回お伝えしたマーケティングのポイントをぜひ参考にしてくれると嬉しいです!